Share on Facebook

OCP準拠の統合ネットワークオペレーティングシステム

OcNOS®(オクノス)は、業界で初めてOCP(Open Compute Project)に準拠した、MPLS(Multi-Protocol Label Switching)対応の統合ネットワークOSです。洗練されたモジュール設計により、機動性、拡張性、耐障害性に富んだネットワーク構築を可能にします。また、多彩なIP/MPLSルーティング、スイッチング、セキュリティ対応機能を備えており、ネットワーク環境における物理的な要件にも、仮想的な要件にも応えます。

OcNOSは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドネットワークのネットワーキングのニーズに応えるために開発され、既存のネットワークからSDN(Software Defined Networking)やNFV(Network Functions Virtualization)で運用されるネットワークまで幅広く適用できます。

多様なハードウェアに対応したOcNOSは、通信事業者やクラウドサービス事業者、企業などのネットワーク構築を、より迅速に、簡易に、低コストで実現します。

OcNOSの詳細については、IP Infusionの製品ページをご覧ください link_m

PDF「テレコミュニケーション」2016年8月号掲載 ホワイトボックススイッチ用OS「OcNOS」(PDF: 724KB)




関連プレスリリース

2016.09.12 世界最大級のIXPプロバイダ、London Internet Exchange の新ネットワークに IP Infusionの統合ネットワークOS「OcNOSTM」が採用

2016.07.07 IP Infusionの統合ネットワークOS「OcNOSTM」が Edgecore Networksのオープン規格準拠スイッチ機器に対応

2016.06.07 SK Telecomのオープンネットワーキング戦略を実現するオペレーティングシステムとして、IP Infusionの「OcNOSTM」が採用

2015.04.24 デルとIP Infusion、「OcNOSTM」の販売において提携