Share on Facebook

ems_banner_01

ECHONET Lite対応アプリで、スマートハウスを快適コントロール


エネルギーに対する価値観が大きく変わろうとしている昨今、スマートハウスへの注目の高まりとともに、ECHONET Lite※1対応ソリューションのニーズも高まっています。
しかしながら、スマートハウスを構築するためには、依然として高価なホームゲートウェイ専用端末設置が主流であり、その高コストは住宅やマンションにとって導入の大きな障壁になっています。
また、スマートフォンやタブレットによる家電操作、消費電力の見える化などの簡便なソリューションがほとんど存在せず、家電をネットワークにつなぎスマート化しても、その利便性を活かしきれない状況にあります。

このような現状を改善すべくACCESSでは、自社のECHONET Lite対応ソリューション「NetFront® HEMSConnect」と、実績豊富なモバイルアプリケーション技術を用いて 、ECHONET Lite対応家電向けのスマートデバイス用コントローラアプリケーションを開発しました。

これは、スマート家電の宅内操作・遠隔操作、消費電力情報の見える化に利用できるコントローラアプリケーションです。専用のホームゲートウェイを必要とせず、汎用のスマートフォンまたはタブレットを使うことで、利便性の高いエネルギーマネージメントソリューションを容易に導入できるサービスとして、すでに多くのお客様からご注目を頂いています。

サービス概要

・Android/iOS向けアプリケーションを居住者のスマートデバイスにインストールするだけで、スマート家電の操作&エネルギー情報の見える化を実現します
・専用ホームゲートウェイが必要なく、汎用のスマートフォンまたはタブレットを使い、遠隔操作が可能になります
・OS、マイコンに依存しないECHONET Liteミドルウェア「NetFront® HEMSConnect」をベースに開発
・直近・過去の電力使用量や料金、CO2排出量を見える化し、サービス専用のウェブ管理画面で、確認することが可能
・日毎、月毎、年間の各種データをグラフ表示し、簡単に分析することができます


■家電操作イメージ(遠隔操作)

家電操作イメージ_遠隔

■家電操作イメージ(宅内操作)

家電操作イメージ_室内




■共同開発採用事例 「株式会社テンフィートライト」社のMEMSソリューション

「株式会社テンフィートライト」社は、2013 年に経済産業省のMEMS※2導入推進事業において一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)より MEMS アグリゲータ※3に採択され、スマートマンションの普及推進に積極的に取り組んでおられます。
本案件では、「株式会社テンフィートライト」社のMEMSサービス強化の一環としてACCESSのソリューションが採用され、先進的なスマートマンションサービスのワンストップでの提供を実現いたしました。
詳細は、こちらのプレスリリースをご覧ください。

 

【アプリ 画面イメージ】

ems_mobile_02ems_mobile_01_1ems_tablet_02ems_tablet_01

エアコン用
コントローラ

照明用コントローラ

消費電力見える化

消費電力カレンダー


 

 

※1  ECHONET Liteとは、エコーネットコンソーシアムが策定した、スマートハウス・HEMSを支える日本発の標準通信規格。
※2  MEMS(Mansion Energy Management System)とは、マンション内の家庭で使用される電力消費量などを計測して把握することにより、空調や照明設備といった機器の制御やデマンドピークの抑制を行う効率的なエネルギー管理システム。
※3  MEMSアグリゲータとは、エネルギー集中管理システムを保有する事業者で、マンションなどの集合住宅にMEMSを導入し、エネルギー管理支援サービスやMEMSから得られる情報を活用する継続的なサービスを通じて10%以上の節電を目標に事業を行う、SIIに登録を受けた事業者のことです。