Share on Facebook

業務システムのIoT化を支援しビジネス創出を推進

 

ABF for Location ロゴ

 

ABF for Location の概要


【開発の背景】

昨今の位置情報サービスの普及により、位置情報を業務システムで利活用することで経営課題・事業課題を解決しようとする試みが増えてきました。しかし、位置情報を有効に取得・活用するには、さまざまな技術とノウハウを組み合わせて初めて実現可能になります。

特に、屋内位置情報の利用に関して、顧客からユースケース提案も含めて相談されている業務システム開発企業にとって、位置情報サービスを成功させるには、顧客のサービス要望とシステム環境に合わせたハードウェア/ソフトウェアの適切な選定・運用を行うことが必要不可欠です。

ACCESSが提供する「ABF® for Location」は、屋内位置情報を得るためのすべてをまとめてご提供し、導入するサービスの業務課題を解決する機能だけでなく、最適な運用に必要な方法を提案します。お客様のサービスと連携することで、屋内位置情報の業務システムでの利活用を促進し、お客様のサービス付加価値の向上に貢献します。

【位置情報を導入検討中の企業の皆様へ】

ABF for Locationは、パッケージ内容や機能を「お客様仕様」に柔軟にカスタマイズしてご提供します。お客様の要望を単にお受けするだけのソリューションではありません。

まずは、お客様のありのままのご要望をぜひお聞かせください。お客様の課題認識の部分からご意見させていただき、位置情報の導入を効果的に実現する方法をご提案します。


製品に関するお問い合わせ及びお見積もりのご依頼はコチラから
acs_abf_btn


【業務改善に効果的なユースケース】


■屋内位置情報として業務に活用

ABF for Locationユースケース:管理状態の記録保存
汚染防止の為、近接を抑止しているエリアを対象に作業員の接近を全て記録する

■屋内位置情報を分析して業務改善に活用

ABF for Locationユースケース:機材の使用率確認
各器材毎の各種機材の使用順序や使用率、繁忙時間などの利用状況を記録し、分析に使用し無駄を省く
ABF for Locationユースケース:要員配置の適正化
リアルタイムで要員の場所や人数を把握し、荷物の到着やお客様の来店場所など適切な場所への移動指示を行う

■屋内位置情報と現行の業務システムを連携して活用

ABF for Locationユースケース:正確な稼働状況の把握
退勤処理後の違法残業等が行われていないかどうか作業員の滞在状況を記録する
ABF for Locationユースケース:緊急時の状況確認
災害時など緊急避難時にカードをかざす等手間をかけずに避難を実施しても、残存人員がいないか把握可能
ABF for Locationユースケース:特殊な環境での制限事項順守確認
連続作業従事時間が制限されている環境に対し、作業場に入場してからの時間を自動的に計測、設定時間を超えた時点で警報を発令する

【本フレームワークの提供内容】

  • Beacon機器
  • Beacon受信機
  • 受信機制御ソフトウェア
  • 管理ミドルウェア(PCブラウザで表示)


上記の構成をベースに、お客様の用途・目的に合わせた柔軟なカスタマイズに対応いたします。

ABF for Location パッケージ内容



Beacon受信機を最適な設置状態で運用いただくための現地調査にも対応し、最適な設営および運用時の不明点等をサポートします。

位置活用までの流れ


製品に関するお問い合わせ及びお見積もりのご依頼はコチラから
acs_abf_btn



ABF for Locationの機能

【領域内のBeacon監視イメージ】

特定の領域(室内)に対して、要員が携帯するBeaconの「現在の状態」「状態の記録」「条件設定と監視」を行うことができます。

ABF for Location 領域内のBeacon監視

例えば、部屋ごとに領域を分割したBeacon監視を行うことで、各部屋での滞在時間・出入り時間を要員ごとに記録でき、各部屋の時間毎の要員数を分析できます(要員配置の適正化)。また、セキュリティの高い領域に指定した権限に満たない要員が侵入する際に、監視用アドレスに対して異常発生をメール通知することもできます。

【監視状態に対する条件付けとアクション】

管理ミドルウェア(管理画面機能)から、Beacon監視に関する条件付けとアクションを設定することができます。

領域内のBeacon監視

ABF for Location 管理画面:検知ログ一覧

領域毎のBeaconの数、Beacon毎の滞在時間等を監視・検索し、要員の場所や人数をリアルタイムで把握できます。

監視状態に対する条件付けとアクション

ABF for Location 管理画面:条件の追加

Beacon毎の滞在時間の制限・権限指定による異常侵入通知等の条件を複数組み合わせたアクション設定が可能です。

機能一覧に関しては、下記よりお問合せください。
また、管理画面機能の追加カスタマイズにも柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。


製品に関するお問い合わせ及びお見積もりのご依頼はコチラから
acs_abf_btn