Share on Facebook

標記セミナー 『「学校・塾・通信教育を繋ぐ、デジタルコンテンツとサービスのあり方とは」 ~ 合理的配慮と教育現場での利便性を両立させるICTの活用 ~』 のご案内です。


今回のセミナーは、ACCESSと東京書籍様による初の共同開催となります。
ACCESSからはICTを用いた教育サービスの方向性とLentranceの今後の展開について、東京書籍株式会社からは最新のデジタル教科書・教材についてご紹介致します。

また、ゲストの方にもご登壇いただき、様々な立ち位置から、教育ICT活用に向けた研究の成果、取り組みについてもご紹介いただきます。

お忙しいとは存じますが、参加ご検討のほど、何卒宜しくお願い致します。

seminar_button1

タイトル

 ICT教育セミナー
「学校・塾・通信教育を繋ぐ、デジタルコンテンツとサービスのあり方とは」
~ 合理的配慮と教育現場での利便性を両立させるICTの活用 ~

日時

2016/10/5(水) 14:00-17:30 (受付開始 13:30)

プログラム

[13:30~] 開場・受付開始

[14:00-14:05] 開会挨拶
 東京書籍株式会社
 内田 宏寿

[14:05-14:45] 基調講演
「教育において求められる合理的配慮とICT活用の可能性」
 国立特別支援教育総合研究所
 情報・支援部 総括研究員 田中 良広 氏

[14:45-15:25] 特別講演
「2020年に向けた教育情報化の動向とデジタル教科書・教材の果たす役割について」
 日本マイクロソフト株式会社
 業務執行役員 シニアディレクター 中川 哲 氏

[15:25-15:35] 休憩(10分間)

[15:35-16:15] 講演1
「ICT教育サービスの方向性とLentranceの今後の展開
~ 公教育・私教育の双方で利用できるソリューションとして ~」
 株式会社ACCESS
 電子出版事業本部 教育事業統括責任者 石橋 穂隆

[16:15-16:55] 講演2
「コンテンツ制作の勘所や留意点と最新デジタル教科書のご紹介
~ Lentrance Reader最新版によるデモンストレーション ~」
 東京書籍株式会社
 ICT事業本部 制作部 部長 高野 勉
 ICT事業本部 事業開発部 部長 長谷部 直人

[16:55-17:10] 質疑応答

[17:10-17:15] 閉会挨拶

定員 

120名
 受講票は別途メールにてお送りいたします。

参加費 

無料

開催会場 

富士ソフト アキバプラザ
6F セミナールーム1(1F ファミリーマート前のエレベータをご利用ください)
http://www.fsi.co.jp/akibaplaza/cont/info/printmap.html

・JR線 秋葉原駅 中央改札口より徒歩2分
・つくばエクスプレス線 秋葉原駅 A3改札口より徒歩1分
・東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 2番出口より徒歩3分

対象 

教科書・教材コンテンツのデジタル化や、ICT(デジタルコンテンツ、配信システムなど)を活用した教育サービスを、検討もしくは運用されている方。

※法人様対象のセミナーです。個人でのお申し込みは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。

主催

 株式会社ACCESS、東京書籍株式会社

注意事項

※当日は会場入口の受付にて、お名刺1枚を頂戴します。
※報道関係者も参加する場合がございます。

seminar_button1

 
[お問合わせ先] 

株式会社ACCESS ICT教育セミナー事務局
電話:03-6853-9222
メール:ebook-gr@access-company.com