-サイネージ × Beacon × クラウドで新たな売り場・売り方の創出を支援-

 

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)は、同社のO2Oサービス向けIoT統合ソリューション「ACCESS Connect™ O2O Profile」のBeacon機器、スマートフォンアプリSDK(開発キット)とクラウド機能を、共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤森 康彰)が本日より販売開始する販売促進ソリューション「MY SHOPPING CONCIERGE™(マイ・ショッピング・コンシェルジュ™)」に提供しました。

「マイ・ショッピング・コンシェルジュ™」は、タッチパネル型のデジタルサイネージとスマートフォンアプリを連動させた、多言語・オムニチャネル対応の販売促進ソリューションです。実店舗に設置するタッチパネル型のデジタルサイネージとスマートフォン用アプリがEC(電子商取引)システムや販売促進システムと連動することで、新たな売り場・売り方を実現します。「マイ・ショッピング・コンシェルジュ™」の利用により、導入店舗・企業の業務を効率化し、利用者との接点を増やすことはもちろん、店舗利用者のニーズやライフスタイルに柔軟に対応した、便利で快適なショッピングが可能になります。

「ACCESS Connect O2O Profile」は、Beacon機器、スマートフォンアプリSDK、クラウド機能を統合したオールインワンのソリューションで、サービス事業者のO2Oサービスの開発・運用を簡素化します。この度、「マイ・ショッピング・コンシェルジュ™」のECサーバーと「ACCESS Connect O2O Profile」のBeacon管理サーバーを連携させることにより、ECサーバー側のコンテンツのプッシュ配信機能に、顧客IDの位置情報と連動させる機能を付加しています。これにより、店舗などを運営する事業者にとって、顧客がサイネージに近づいた際に、サイネージやスマートフォンの画面上に特定商品の詳細情報を表示したり、その場でスマートフォンからEC決済することも可能にることから、自社製品やサービスの新たな売り場や売り方を創出することに繋ります※1

「マイ・ショッピング・コンシェルジュ™」は、”市場と消費の変化に合わせて進化する「新しい顧客接点」”として、各種小売店、百貨店、駅構内、空港、サービスエリア、ホテル、アミューズメントパーク、映画館などに向けて共同印刷より提案される予定です。ACCESSは、「マイ・ショッピング・コンシェルジュ™」を導入する企業に向けて「ACCESS Connect O2O Profile」を一括提供するとともに、サービス開始後のBeacon管理サーバーの運用も行う予定です。

なお、「ACCESS Connect O2O Profile」が実装された「マイ・ショッピング・コンシェルジュ™」は、2月10日~12日に東京ビッグサイトで開催される「デリカテッセン・トレードショー2016」の共同印刷のブース(東3ホールE3-410)にてご覧いただけます。

 ※1「マイ・ショッピング・コンシェルジュ™」をベースに開発された事業者のアプリが、予め顧客のスマートフォンにインストールされている必要があります。


■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
http://jp.access-company.com/

※ ACCESS、ACCESSロゴ、ACCESS Connectは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。