株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)は、同社のブラウザ版EPUB 3対応電子出版ビューア「PUBLUS®(パブラス)Reader for Browser」が、株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原 眞樹、以下KADOKAWA)が新たに開始した「ASCII 倶楽部」の閲覧ビューアとして採用されたことを発表いたします。「ASCII 倶楽部」は、2016年6月22日より提供開始されています。

「ASCII 倶楽部」は、日本初のパソコン週刊誌として長年人気を博し、昨年5月に印刷版の定期刊行を休止、電子版のみに移行した「週刊アスキー読み放題」を含むASCIIの新サービスとなります。月額課金の有料会員登録をすることで、「週刊アスキー」の記事読み放題に加えて、オリジナル動画の視聴などが可能です。コンテンツの記事は、EPUBデータとしてPCやスマートフォンのブラウザ上で最適化表示され、従来の紙面デザインを踏襲しつつ、電子版ならではの即時性、拡張性を実現しています。

「PUBLUS Reader for Browser」は、PCやスマートフォン、タブレットなどあらゆる端末のブラウザ上で、活字・コミック・雑誌など多彩な出版物や、複雑な日本語組版も忠実に再現するHTML5ベースのビューアです。ストリーミング形式での配信により、利用端末にデータをダウンロードすることなく読書を楽しむことができます。また、違法コピーや海賊版防止対策として、コンテンツの難読化機能を備えていますので、事業者は高いセキュリティを担保したEPUBコンテンツの配信が可能となります。動画や音声機能も備えておりますので、視覚・聴覚に訴える、電子書籍サービスの提供が可能となります。
※「ASCII 倶楽部」の動作環境および詳細サービスは、KADOKAWAの公開情報をご覧ください。

ACCESSは、引き続き、機能拡張により、KADOKAWAを始めとする事業者のサービス拡充を支援し、エンドユーザーの皆様に、より便利で豊かな電子書籍体験を提供してまいります。

PUBLUSに関する詳細は、http://publus.jp/をご覧ください。

publus logo


「ASCII 倶楽部」に関する詳細は、http://ascii.jp/asciiclub/をご覧ください。


■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
http://jp.access-company.com/

※ACCESS、ACCESSロゴ、PUBLUS、PUBLUSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※EPUB is a registered trademark of the International Digital Publishing Forum in the United States and/or other countries.
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。