株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)の米国子会社IP Infusion Inc.(本社:米国カリフォルニア州、最高経営責任者:大石 清恭、以下 IP Infusion)は、本日、同社の統合ネットワークオペレーティングスシステム「OcNOS
®(オクノス)」が、韓国最大の携帯通信事業者であるSK Telecomが推進する、オープンネットワーキング戦略向けネットワークオペレーティングシステムとして採用されたことを発表いたします。

SK Telecomのオープンネットワーキング戦略は、コストを低減しつつ、柔軟性を高め、新たな機能・サービスを迅速に収容可能とするネットワークソリューションを、通信事業者・企業向けに提供することを目的としています。SK Telecomは、自社ネットワークに「OcNOS」を導入するとともに、同社顧客向けネットワークソリューションのオペレーティングスシステムとして「OcNOS」を販売していく予定です。

SK Telecomは、VNF(Virtual Network Function)やモバイルコンピューティングのニーズに応えるエッジサービスを目指して、モジュール構成でデータセンターソリューションを構築する戦略を展開しています。この一環として、高性能サーバーとデータセンター向けスイッチを統合する、オープンネットワーキングアーキテクチャをベースとした統合ネットワーク機器を開発しています。こうしたアプローチにより、通信事業者は、拡散されているサービスインテリジェンスをエッジネットワーク周辺へ集約し、同等以下の消費電力量、データ保護、エンドツーエンドの暗号化を実現しつつ、サービスの拡張性を向上させることが可能になります。また、SK TelecomとIP Infusionは、SK Telecomのサーバースイッチ機器に、単一のオペレーティングシステムで仮想的・物理的な要件を満たすことが出来る「OcNOS」の優れた特性を採り入れたソリューションの開発において協業していきます。

「OcNOS」は、業界で初めて、「OCP(Open Compute Project)」に準拠した、MPLS対応の統合ネットワークオペレーティングスシステムです。要素技術が切り離されたモジュール設計により、アジリティ(機動性)、スケーラビリティ(拡張性)、レジリエンシー(回復力)に富んだネットワーク構築を可能にします。また、多彩なIP/MPLS ルーティング機能、OpenFlow準拠、スイッチング、セキュリティ対応機能を実現しており、ネットワーク環境における物理的な要件にも、仮想的な要件にも応えます。「OcNOS」は、これらの特性により、SK Telecomに代表するような、包括的なソリューションを有する事業者の特定のネットワークニーズにも、キャリアグレードの品質を担保しつつ、迅速に、簡易に、低コストで、実装から新サービスの市場導入まで実現します。

SK Telecomの研究開発担当シニアヴァイスプレジデント Lee Kang-Won氏は、
「IP Infusionの市場実証済みのネットワークスタックは、長年の実績に裏付けされた高信頼のネットワークプラットフォームとSDN機能の上に構築されており、当社顧客は、迅速な導入、運用における複雑性の低減、ビジネスにおける俊敏性を享受することが可能になります」と、述べています。

IP Infusionの最高経営責任者(CEO)大石 清恭は、
「『OcNOS』の採用は、様々な規模の企業で進んでいます。それぞれ自社で選定したハードウェアに実装することにより、日々進化し続けるネットワーク要件に応え、新サービス導入までの期間を短縮し、コストを低減する『OcNOS』の特性を享受していただいております。SK Telecomとともに、初期投資・運用費を抑えつつ、迅速にサービスを市場投入できるソリューションを提供できることを光栄に思います」と、述べています。

なお、Interop Tokyo 2016(2016年6月8日~10日、幕張メッセ)のブース(5Y25 SDI/NFV ShowCase)エリアにて、「OcNOS」ほか、IP Infusionの最先端ネットワークソリューションのデモを展示いたします。

「OcNOS」に関するより詳細は、http://www.ipinfusion.com/products/ocnos-japanese/をご覧ください。

■SK Telecomについて
SK Telecomは、1984年に設立された、韓国最大の携帯通信事業者です。2015年には、携帯電話ユーザー数は2890万人(韓国市場の約5割)、収益は17兆1370億韓国ウォンに達しています。CDMA、CDMA 2000 1x、 CDMA EV-DO、HSDPAネットワークを世界で初めて商用化した同社は、2011年7月には韓国初のLTEサービスを開始し、2016年3月時点で、同社のLTEおよびLTE-Advancedサービスのユーザーは1953万人を突破しています。現在、SK Telecomは、通信事業者としての強みを活かし、同社の革新的な3つのプラットフォーム「Lifestyle Enhancement Platform」、「Advanced Media Platform」、「IoT Service Platform」を通じて、新たな成長エンジンを模索しています。
詳細は、www.sktelecom.com/enをご参照ください。

■IP Infusion Inc.について
IP Infusionは、分散型ネットワークソリューションにおけるリーディングカンパニーです。同ソリューションにより、通信事業者や企業の新機能やサービスの拡張を、コストを低減しつつ、柔軟に、迅速に実現します。業界初となるOCP準拠のMPLS対応の統合オペレーティングシステム「OcNOS®」は、大規模ITネットワーク構築を簡素化し、実装を容易にするホワイトボックス向けソリューションです。NFVベースの仮想ネットワークプラットフォーム「VirNOSTM」は、事業者のネットワークサービスの開発・運用をコスト効率よく構築します。通信機器向けミドルウェア「ZebOS®」は、世界中の主要通信機器メーカなど300社を超える企業に採用されており、日々進化する、クラウドや、キャリア・モバイルネットワークの要件に応えます。「OcNOS」と「VirNOS」は、「ZebOS」をベースに開発されており、通信事業者や企業の物理的/仮想的なネットワーク要件を満たすソフトウェアソリューションとして、事業者の分散型ネットワーク構築を支援します。IP Infusionはカリフォルニア州サンタクララに本社を置き、ACCESS CO., LTD.の100%出資子会社です。
http://www.ipinfusion.com

■ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカへの豊富な採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける仮想化技術の開発力とノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
http://jp.access-company.com/

※ ACCESS、ACCESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※IP Infusion、IP Infusionロゴ、OcNOS、VirNOS、ZebOSは、IP Infusion Inc.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。