-複雑な日本語組版も忠実に再現するビューアエンジンにより、小説・ビジネス書のラインナップを拡充-


株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:兼子 孝夫、以下ACCESS)は、同社のEPUB 3準拠の電子書籍ビューアのアプリ版「PUBLUS®(パブラス) Reader」が、Webを通じて様々なコンテンツを提供する株式会社DMM.com(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 松栄 立也、http://www.dmm.com/ 以下DMM )の公式ビューアプリ「DMMブックス」のビューアエンジンとして採用されたことを発表いたします。「PUBLUS Reader」のエンジンをベースに機能拡張された新ビューアアプリ「DMMブックス」は、本日、8月4日より、提供開始される予定です。

「DMMブックス」は、「DMM.com」で購入した電子書籍作品をスマートフォンやタブレットで閲覧できるサービスです 。「DMMブックス」には、これまで独自開発のdmmb形式およびEPUBをベースにしたdmme形式が採用されていましたが、この度、日本語独自の縦書きや複雑な組版を忠実に再現するEPUB 3準拠の「PUBLUS Reader」(iOSおよびAndroid対応)のエンジンを導入することにより、小説やビジネス文書等の文字ものを快適に閲覧できるようにビューア機能を拡張いたしました。

「PUBLUS Reader」は、コミック作品から教科書まで幅広いジャンルの電子書籍サービスに導入されており、多くの出版社や電子書籍サービス事業者より支持されています。また、「PUBLUS Reader」の開発エンジンは、EPUB標準化団体であるIDPFの「Readiumプロジェクト」にも提供されております。この度、本ビューアの実績および充実した機能が評価され採用に至りました。

ACCESSは、引き続き、EPUBの普及に貢献するとともに、事業者のサービス拡充を支援し、世界のエンドユーザに向けて、より便利で豊かな電子書籍体験を提供してまいります。

PUBLUSに関する詳細は、http://publus.jp/をご覧ください。

publus logo


「DMMブックス」の機能については、DMM.comの公開情報をご覧ください。 http://www.dmm.com/dc/info_bookviewer.html

「DMM.com」に関する詳細は、http://www.dmm.com/をご覧ください。



■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台を超えるモバイルソフトウェアおよび250社以上の通信機器メーカへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける仮想化技術の開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
http://jp.access-company.com/

※ACCESS、ACCESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。