-“IoTサービスの未来を拓く”先進ソリューションを披露-

 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、2014年10月15日(水)~17日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「IT Pro Expo 2014」(日経BP社主催)に、ゴールドスポンサーとして出展いたします。

 ACCESSは、IoT時代のリーディングカンパニーとして、Beaconやウェアラブルセンサー、企業向けクラウドサービス、ブラウザにおける最新ソリューションを、デモ展示およびセミナーを交えてご紹介いたします。

【主なソリューション】( ACCESSブース:東4-6ホール 小間番号26-37)

● Beaconソリューション

 既に劇場・イベントなどのO2O施策として商用サービスの採用実績を有するACCESSの位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESSTM Beacon Framework」。ブースでは最新導入事例のご紹介や新機能を披露します。
 また10月15日(水)午後2時~2時40分、「iBeaconを活用したO2Oマーケティング最新事例~ACCESSが取り組むIoTサービスの未来~」と題して、弊社CTOの石黒邦宏より、セミナーも予定しています。

● 企業向けクラウドコミュニケーションサービス
 JINSOKU.bizTM(ジンソク)シリーズの企業向けチャット「LinkitTM(リンクィット)」、資料共有・活用「DocDriveTM(ドックドライブ)」、ウェブ会議「RoomTM(ルーム)」の最新バージョンを展示いたします。いかに経営・事業・業務を“迅速“に推進するかを、ユースケースを交えながらご紹介します。

●ウェアラブルセンサー
 スポーツ系ウェアラブルデバイスの先駆的な製品である3Dゴルフスイングセンサー「Fullmiere®(フルミエル)」。その最新機能をご紹介します。
 また 10月15日のIT Pro Expo特別企画「アイラブル★ゴルフ with 乃木坂46」では、「Fullmiere」を用いて、ティーチングプロ関 雅史を交えて、”IT とゴルフ”について分かり易く解説される予定です。

●ブラウザソリューション
 多種多様なスマートデバイスのUI上で優れたブラウジング機能を実現する「NetFront® Browser」の最新機能を紹介します。

●ビジネス用アプリサービス
 今年9月にリリースいたしましたメールアプリケーション「IntrayTM(イントレイ)」は、ビジネスコミュニケーションの中心である「メール」の新たな可能性を追求することで、ワークスタイルの変革を目指しています。優れたUI/UXを体感いただけます。

 このほかACCESSのブースでは、当社ソリューション採用のお客様およびパートナー企業様によるオープンセミナー(無料)も多数予定しております。

「IT Pro Expo 2014」の詳細は、http://itpro.nikkeibp.co.jp/expo/2014/をご覧ください。


■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台突破のモバイルソフトウェア、並びに世界中の通信機器メーカなどへの豊富な採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力とノウハウを活用して、現在、クラウドを介してスマートデバイス上で多彩なサービスを実現するHTML5ベースのアプリケーション、並びにネットワーク仮想化(SDN)等の先進のネットワーク技術の開発・提供に注力しています。アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。詳細は、http://jp.access-company.com/をご覧ください。

※ACCESS、ACCESSロゴ、DocDrive、Fullmiere,Intray、JINSOKU、Linkit、NetFront、Roomは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。