-日系企業の台湾進出、ビジネス定着・成長を支援-
~“ティーエージェント”、“やずや”に採用~

20140930_CROS_logo_horizon



 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、台湾向け通販業務システムの構築・運用を支援するサービス「CROSTM(クロス)」を開発し、 主に通販業界の日系企業を対象に、本日より、本格的に商用サービスとして提供開始しました。
 本サービスは、既に化粧品・美容食品通販企業の株式会社ティーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:恒吉 明美)の現地法人美樂思股份有限公司、健康食品通販企業の株式会社やずや(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:矢頭 徹)の現地法人台灣養滋雅股份有限公司に採用され(社名はサービス採用順に明記)、2014年6月より、両社の台湾向け通販業務システムとして運用開始されております。

【開発背景】
 人口約2,300万人を有し、過去10年のGDPは4.1%と安定した経済成長を遂げている台湾市場には、日本からの投資が年々増加傾向にあります。日本ブランドに対して好意的であり、インターネット関連事業の規制がほとんどない同市場には、特に近年では、巨大アジア市場への進出の第一歩として、小売などの非製造業での投資が急増しています。こうした中、ACCESSは、台湾での通販事業を検討している企業や展開中の日系企業を対象に、業務システムのローカライズや、言語、他の日系競合ブランドとの差別化といった企業が抱える課題をワンストップで解決する、業務支援サービス「CROS」を市場投入いたしました。

【サービス概要】
 「CROS」は、受注機能、バックオフィス機能、広告効果分析(CRM(顧客管理)を含む)機能を統合したシステムを構築・運用代行するサービスです。これら3つの機能は相互に連携していますので、顧客情報連動型のマーケティング活動を効率的に継続することが可能となります(下図参照)。また、すべての機能はクラウドと連携したASPサービスとして提供され、日本語・中国語(繁体字)に対応しています(英語順次対応予定)ので、ユーザ企業は、国内外を問わずいずれのPCからもサービスを利用することが可能です。さらに3つの機能すべてにACCESS独自開発の使い勝手のよいユーザインターフェース(UI)が実装されていますので、本サービスを採用することにより、台湾での通販事業を目指す企業や展開中の企業は、複雑なシステム構築や運用に煩わされることなく、スピーディーに、自社ブランド製品を市場投入することが可能となります。

 なお、広告効果分析(CRM含む)機能は、通販事業者向けマーケティング支援サービスの先駆的企業である株式会社ファインドスター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内藤 真一郎)および、ファインドスターのグループ企業である亞星通股份有限公司(本社:台北市、董事長:藤原 徹平)のノウハウとACCESSのソフトウェア技術とを組み合わせて共同開発いたしました。
 その主な機能として、あらゆる広告別の基本KPI(MR、CPO、平均顧客単価、平均購入個数、返品率)、新規獲得広告A/Bテスト効果分析、広告反応ポイントの分析、お客様のパーソナルデータ分析、コールセンターオペレーター別成績表示、RFM分析、新たなターゲットリスト作成機能、アウトバウンド連動機能まで、コールセンター業務と広告分析業務が連係していますので、即時性、信頼性の高い効果測定・分析とそれらを活かした具体的な施策が可能です。

「CROS」の主な特長は以下となります。

■ 業務システム:3つの機能を統合したシステムの構築・運用代行

  •  受注機能(EC・電話経由などのすべての受注導線に対応):当システム受注機能は、PC経由、モバイル経由、電話経由など、どの受注導線からも顧客情報をひとつのDBに格納し一元管理することが可能です。また、EC サイトについては設計・構築から運用代行まで一括して行います。
  • バックオフィス機能:顧客データ、受注管理(都度販売・定期販売)、コールセンターでのカード決済、台湾レシート(統一発票)発行管理、配送管理、返品・返金管理、売上管理機能といった、新規顧客登録から商品発送後までカスタマーサポートを網羅。
  •  広告効果分析(CRM含む)機能
    • 管理者用管理画面:顧客情報分析、広告効果分析(WEB媒体、チラシや新聞等のアナログ媒体、テレビ媒体。あらゆる広告手法別に対応した費用対効果の測定)
    •  コールセンター用画面:顧客ステータス、フォローステータス、問い合わせ履歴管理など。

■ マーケティング支援:顧客情報連動型の効果的なマーケティング活動が可能です。
■ ASP型サービス:クラウド連携により、各端末への専用アプリケーションのインストールの必要はなく、いずれのPCからでも操作可能です。
■使い勝手の良い操作画面
■3ヶ国語(日本語、中国語(繁体字)、英語(現在準備中))言語切り替えにより、現地採用のスタッフでも日本からの出向社員でも操作可能です。
■「CROS」の基盤には、クラウド上にデータベースを格納できる、リトルソフト株式会社の「LSワークフロー」採用しております。これによりシステム拡張の柔軟性を高めています。
■ローカル配送:現地での長い実績がある台灣雅瑪多國際物流(台湾ヤマト国際物流)と提携しています。
■費用: ASP 型(月額費用と初期設定費用)の料金体系となりますが、ご利用機能や期間により異なりますのでお見積りいたします。

【お客様からのエンドースメント】
 ティーエージェント 代表取締役社長 恒吉 明美氏は、「ASPで低コスト、通販に必要なシステム内容がオールインワン。まさにリスクを極小化した上で、少人数、短時間で通販事業を驚くほど効率的に運営できますね。中でも、悩んでいたお客様からの返金処理を人の手を介さず、全てワンタッチの自動処理で銀行システムへ繋ぎこみ処理を行うスキルは圧巻。ここだけで人件費が何人分削減できているか。他の要素まで含めると何十人分の価値がありますね」と、述べています。

 やずや 代表取締役社長 矢頭 徹氏は、
「この度の『CROS』導入により、台湾市場へ迅速に進出することが出来ました。『CROS』により、販売から配送、顧客管理や広告分析等といった一連の業務が効率よく展開出来ますので、非常に役立っております。今後とも当社製品の販促や販売に活用してまいります」と、述べています。


20140930_cros

受注機能・バックオフィス機能、広告効果分析機能の連携により顧客情報と連動したマーケティング活動を継続的に支援

「CROS」に関する製品ページは、https://jp.access-company.com/products/cloud/cros/よりご覧いただけます。

お客様からのサービスに関するお問い合わせは、以下より受け付けております。

ACCESS 台湾支店: Tel : +886-2-8797-5118 Fax : +886-2-8797-5115

Email: taiwan_a-gr@access-company.com

コーポレートサイトお問い合わせ窓口:http://jp.access-company.com/contactus/

 
「CROS(クロス)」の由来について
 「CROS」は、Cloud Repeat Order Systemの頭文字をとった造語です。顧客定着化により事業拡大を図る通販事業者を支援するクラウドサービスを目指しています。

出典 株式会社 野村総合研究所 NRI Knowledge Insight(2013年7月号)より編集。


■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台突破のモバイルソフトウェア、並びに世界中の通信機器メーカなどへの豊富な採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力とノウハウを活用して、現在、クラウドを介してスマートデバイス上で多彩なサービスを実現するHTML5ベースのアプリケーション、並びにネットワーク仮想化(SDN)等の先進のネットワーク技術の開発・提供に注力しています。アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。詳細は、http://jp.access-company.com/をご覧ください。

※ACCESS、ACCESSロゴ、CROS、CROSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。