-国内初、Beaconを用いた電子書籍のO2Oプロモーションを展開-


 株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、同社の電子出版プラットフォーム「PUBLUS® (パブラス)」をベースとした、株式会社集英社(本社:東京都千代田区)の電子書籍ストアアプリ「マーガレットBOOKストア!」に、Beacon対応の位置連動型コンテンツ配信機能が拡張され、集英社主催「わたしのマーガレット展」(日時:9月20日~10月19日、於:六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリー)の会期中、来場者を対象に配信される旨を発表いたします。

 これまでACCESSは、集英社の電子書籍アプリ「マーガレットBOOKストア!」「ジャンプBOOKストア!」「ジャンプLIVE」、並びに「BLEACH」「るろうに剣心」「シャーマンキング」のクロスメディアアプリに、「PUBLUS」を提供しています。「マーガレットBOOKストア!」は、昨年6月より配信されておりますが、この度、マーガレット誕生50周年を記念する展示会「わたしのマーガレット展」開催に伴い、PUBLUSの新機能となる、Beacon対応の位置連動型コンテンツ配信機能を提供いたしました。本アプリのコンテンツの管理・登録・サービス運用は株式会社ICEが行います。
 電子書籍アプリにBeaconの位置連動型機能を連携したO2O施策が実施されるのは、国内初となります。

 「わたしのマーガレット展」では、ギャラリー会場、六本木ヒルズ近辺の書店3店舗(あおい書店 六本木店、青山ブックセンター 六本木店、TSUTAYA TOKYO ROPPONGI)に、ACCESSのBeacon対応位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESSTM Beacon Framework(ABF)」のBeacon機器を複数設置し、各施設内での展示会関連オリジナルコンテンツのプッシュ配信といった、ユーザーの位置情報に連動したO2Oサービスを実施します。また、Beaconのみならず、「ABF」のGPS機能を用いて六本木ヒルズ周辺にいるスマートフォンユーザー(「マーガレットBOOKストア!」インストール済み)を検知し、プッシュ通知で会場へ誘導するサービスも実施いたします。
  ユーザーは、予め「マーガレットBOOKストア!」を手持ちのスマートフォン(iOS7.1.2以降)にインストールしておくだけで、施設に近づくと展示会案内がスマートフォンに表示され、ギャラリー内では人気作品や展示会オリジナル壁紙などが入手できます。また書店の特設コーナーでは書店毎に異なるオリジナル壁紙が無料配布されます。

  ACCESSは、引き続き、電子出版ソリューション「PUBLUS」やBeacon対応位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ABF」といった、スマートフォンとクラウドを活用した革新的なソリューションにより、世界中のエンドユーザーに向けて従来にない魅力的なサービスを提供するべく、集英社をはじめとする出版社など事業者の取り組みを支援してまいります。


                            <「わたしのマーガレット展」でのBeaconを用いたサービスイメージ>

                           BeaconのBLE※1技術を用いて屋内でのオリジナルコンテンツのプッシュ配信 

*上記は、すべてイメージ図です。

「わたしのマーガレット展」について
 1963年創刊されて以来、すべての時代の少女たちに愛されてきた少女まんが誌「マーガレット」「別冊マーガレット」の半世紀にわたる足跡を辿る展覧会です。
 50年の歴史を代表する作品たちの貴重な原画が一挙公開されるほか、各場面の数々を万華鏡に見立てて映像にて表現する「カレイドスコープシアター」も登場。さらに伝説的名作「ベルサイユのばら」(池田理代子)の史上初となる主人公オスカルとアンドレの等身大立像や、「ホットロード」(紡木たく)の空間展示も予定されています。展示会オリジナルグッズも販売されます。
 詳細はhttp://my-margaret.jp/outline/をご覧ください。

「マーガレットBOOKストア!」について
 「マーガレットBOOKストア!」では、人気雑誌「りぼん」「マーガレット」「別冊マーガレット」「YOU」「Cookie」「Cocohana」の人気作品3,000冊以上が配信されています。さらに、人気作家のオリジナルストーリーが読める、「マーガレットchannel」も盛り込まれ、より深く、マーガレットの世界をお楽しみいただけます。
 詳細はhttp://margaretbookstore.jp/をご覧ください。

「PUBLUS」について
 「PUBLUS」は、電子書籍ビューアや、コンテンツ配信、売上管理システムなど、端末からサーバシステムまでを包括的にサポートする電子出版プラットフォームです。国内外の大手出版社、電子書籍サービス事業者などに多数採用されています。クラウド上にサービスを構築しており、アプリおよびブラウザでのハイブリッドな電子書籍配信を実現します。
 電子書籍ストアアプリや、タイトル毎に壁紙や動画など多様なコンテンツを扱うクロスメディアアプリなど、コンテンツの多様化、デバイスの多様化、OSの多様化に対応し、読者が求める最高のコンテンツ視聴体験をお届けします。
 詳細は、http://jp.access-company.com/products/dpub/ecosystem/をご覧ください。

「ACCESS Beacon Framework(ABF)」について

 「ABF」(iOS・Android)は、BLE搭載のBeaconハードウェア、スマートフォン向けアプリケーション、クラウド管理システムをワンストップで提供することにより、事業者のO2Oサービス等の開発を大幅に迅速化し、運用を効率化するBeacon対応の位置連動型コンテンツ配信ソリューションです。「ABF」はGPSにもオプションで対応しています。年内にはアジアをはじめとする海外への展開も計画しています。
詳細は、https://jp.access-company.com/products/cloud/a-beacon/をご覧ください。

※1 BLE(Bluetooth Low Energy)とは、低消費電力の近距離無線通信技術です。


■株式会社ACCESSについて

ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台突破のモバイルソフトウェア、並びに世界中の通信機器メーカなどへの豊富な採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力とノウハウを活用して、現在、クラウドを介してスマートデバイス上で多彩なサービスを実現するHTML5ベースのアプリケーション、並びにネットワーク仮想化(SDN)等の先進のネットワーク技術の開発・提供に注力しています。アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。詳細は、http://jp.access-company.com/をご覧ください。

※ACCESS、ACCESSロゴ、PUBLUSは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。