株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)は、同社のEPUB 3に対応した電子書籍ビューワ「PUBLUS® Reader」が、株式会社ビューン(本社:東京都港区、代表取締役社長:蓮実一隆、以下ビューン)の運営する、電子雑誌読み放題アプリ「ビューン」の新サービス「ビューンおトク読み」のビューワとして採用された旨を発表しました。「ビューンおトク読み」は、6月30日より提供開始となります。

「ビューン」は、有名雑誌や人気コミックが読み放題の、iPadやiPhoneなどで楽しめる電子書籍アプリです。豊富なラインナップと優れたコストパフォーマンス、誰でも簡単に使えるシンプルな操作性が支持され、2013年iPadアプリ部門のトップセールスで、電子書籍雑誌アプリとして1位、ブックカテゴリで7位と高い人気を誇っています。

ビューンでは、2014年6月30日より、ビジネス書や実用書などの書籍を大幅な割引価格で単品購入できるサービス「ビューンおトク読み」を開始し、同サービスのビューワとして「PUBLUS Reader」を導入しました。採用理由として、「PUBLUS Reader」のEPUB 3ビューワとしての実績と優れた再現性を挙げています。

「PUBLUS Reader」は、ACCESSのEPUB 3対応の電子出版ソリューション「PUBLUS®」の構成要素となるビューワ技術であり、複雑な日本語組版も忠実に表現する再現性を特長としています。端末やOSに依存しないコンテンツ表現が可能であり、国内外の大手出版社、電子書籍サービス事業者などに多数の採用実績を有しています。ACCESSは、「PUBLUS Reader」のエンジンをEPUB標準化団体であるIDPFの「Readiumプロジェクト」に提供し、EPUBの普及に貢献するとともに、「Readiumファウンデーション」に加盟し、SDK技術の機能強化と普及に注力しています。

ACCESSは引き続き、EPUB対応の先進の電子書籍ソリューションにより、「ビューン」をはじめとする電子書籍事業者のサービス拡充を支援し、エンドユーザにより便利で豊かな電子書籍体験を提供してまいります。

「PUBLUS」のサイトが、よりわかりやすくリニューアルされました。「PUBLUS Reader」および「PUBLUS」に関する詳細は、新設サイトhttp://publus.jp/を御覧ください。

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台突破のモバイルソフトウェア、並びに世界中の通信機器メーカなどへの豊富な採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力とノウハウを活用して、現在、クラウドを介してスマートデバイス上で多彩なサービスを実現するHTML5ベースのアプリケーション、並びにネットワーク仮想化(SDN)等の先進のネットワーク技術の開発・提供に注力しています。アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。詳細は、http://jp.access-company.com/をご覧ください。

※ACCESS、ACCESSロゴ、PUBLUSは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※EPUB is a registered trademark of the International Digital Publishing Forum in the United States and/or other countries.
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。