-ストラトスフィアとボスコ・テクノロジーズ、大阪市立大学 大学院工学研究科にOmniSphereを提供し、SDN研究を支援-

 株式会社ストラトスフィア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浅羽 登志也、以下ストラトスフィア)と株式会社ボスコ・テクノロジーズ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:林 經正、以下ボスコ・テクノロジーズ)は、SDN(※1)技術で仮想オフィスネットワークを実現する「OmniSphere(オムニスフィア)」を大阪市立大学 大学院工学研究科に提供し、ボスコ・テクノロジーズと大阪市立大学が共同で行っている将来ネットワークアーキテクチャに関する研究を支援します。

 ストラトスフィアとボスコ・テクノロジーズは、これまで事業パートナーとして、SDNを利用した仮想ネットワーク制御ソフトウェアの企画、研究開発を協力して実施して参りました。また、マーケティング活動や提案活動をともにするなど、SDNの市場開拓に向けた活動にも取り組んでいます。

 今回、ボスコ・テクノロジーズと大阪市立大学が共同で行う「Software Defined Network(SDN)を利用したユーザオリエンティッドネットワーク構成法に関する研究」において、ユーザや端末の認証を元に仮想ネットワークを動的に構築する機能を評価いただき、研究対象として、ストラトスフィアのOmniSphereを採用いただきました。

【大阪市立大学 研究概要】
近年、ネットワークの爆発的な拡大に伴い、ネットワークの利用者が増加しています。このようなネットワークの拡大に寄与した主な要因の一つに、シンプルなルーティングが挙げられます。現在のネットワークでは、宛先 IP アドレスにもとづいて転送先を決定しているため、ネットワークの拡大を容易に行うことができました。しかし、この方法では今後ネットワークに求められる高信頼性、高効率性を実現できません。このような背景から、従来のネットワークに変わる新しいネットワークアーキテクチャが求められています。そこで、大阪市立大学では、将来ネットワークでの実用に向けた新たなネットワークアーキテクチャの実現に取り組むとともに、近年提案されている SDN や CCN に着目し、将来ネットワークアーキテクチャとして実用可能な手法を研究しています。

なお、ストラトスフィアは、2014年6月11日(水)~13日(金)に幕張メッセにて開催される「Interop Tokyo2014」にOmniSphereを出展いたします。
(※1)SDN(Software Defined Networking): ネットワーク構成を動的に設定するために、ネットワーク全体をソフトウェアで制御(定義)する、という次世代ネットワーク技術のコンセプト。

【OmniSphereについて】
ストラトスフィアが2013年6月に発表したOmniSphereは、SDN技術により企業の物理ネットワーク上に柔軟な仮想L2ネットワークを構築することができるソリューションです。OmniSphereを利用することで、企業はオフィスフロアや拠点間を結ぶ広域ネットワークを跨いで、PC・スマートデバイス等の端末や物理サーバ及びクラウドサーバを同一の仮想ネットワークで接続・管理することができます。これにより、従来、組織変更やレイアウト変更のたびに再構築、再設定していたLANや無線LANのオフィスネットワークを、利用者(社員)の端末を認証するだけで自動設定することができ、企業ネットワークの運用管理負荷を大幅に削減します。


■ストラトスフィアについて
株式会社インターネットイニシアティブと株式会社ACCESSの合弁会社として2012年4月5日に設立。
次世代クラウド環境に最適なプラットフォームの構築を目的として、SDNを実現するソフトウェアの研究開発を推進しています。
http://www.stratosphere.co.jp/

■ボスコ・テクノロジーズについて
「技術で人を幸せにする」を経営理念に2012年2月29日に設立。これまで、伝送ネットワークのネットワーク設計システムのSDN化と商用運用、海外ベンダと協力したSDNスイッチの開発、通信事業会社と協力したSDNコントローラの開発を行ってきました。最先端の技術開発と、それを利用する人々の幸せ創りを実現します。
http://www.bosco-tech.com/