-SDNへの移行に最適な高可用性とネットワークインフラを提供-

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)の米国子会社IP Infusion Inc.(本社:米国カリフォルニア州、最高経営責任者:大石 清恭、以下IP Infusion)は、本日、テラビット級のネットワークインフラや機器の構築・開発向けに設計された、新世代のネットワークプラットフォーム「ZebOS®-XP」を発表しました。「ZebOS-XP」は、高度な拡張性と性能を持つソフトウェアアーキテクチャからなり、次世代のマルチプロセッサハードウェアのプラットフォームをサポートします。またSDN(Software Defined Networking)※1対応機能も備えていますので、次世代ネットワークを迅速かつタイムリーに市場投入できるエンドツーエンドのソリューションを提供します。

SDNやデータセンタ仮想化、クラウド・高性能コンピューティング、データウェアハウジング、障害復旧計画などの分野において、ネットワークインフラに求められる新たな要件は、日々増え続けています。「ZebOS-XP」はこうした背景を踏まえて、特に高いパフォーマンスが必要なモバイルバックホール(携帯端末の基幹伝送網)や、キャリアが運用する基幹ネットワーク、データセンタ網に対応するための、ネットワークインフラ向けプラットフォームとして開発されました。

初版となる「ZebOS-XP 1.0」は、IP Infusionの既存のネットワークプラットフォーム「ZebOS®」の基盤システムを継承し、コントロールプレーンがデータプレーンより分離された設計であり、「ZebOS 7.10.x」以前のバージョンが対応する全てのハードウェアとソフトウェアに準拠しています。

「ZebOS-XP」と既存の「ZebOS」のコントロールプレーンの性能・拡張性の比較テストによりますと、IPセッション数が多く広帯域な条件下においては ZebOS-XPはZebOSの2倍から4倍以上の高い数値が得られ、より優れているという点が確認されています。また、レイヤ3のユニキャストルーティングプロトコルにおけるECMP(Equal Cost Multi Path)※2処理では、「ZebOS」の最大8倍となり、レイヤ2のスイッチング処理とレイヤ3のユニキャストルーティング処理における経路収束時間も大きく向上しました。「ZebOS-XP」および比較テストの詳細(英語)は、http://ipinfusion.com/zebos-xpをご覧ください。

「ZebOS-XP」の主な機能は下記の通りです。

  • SDN環境への対応機能:マルチスロットの筐体、大規模なマルチテナント方式に対応。
  • 高度な拡張性:次世代マルチプロセッサハードウェアのプラットフォームに対応し、将来的な拡張性を高めることにより、安心の利用環境を提供。
  • 高可用性の強化:事業継続性と自動障害分離、制御に対応し、継続性と予測可能性を備えた、ビジネスに最適な可用性を実現。
  • セキュリティの強化:テラビット級のネットワークインフラと機器に対応し、データならびに業務内容を高いレベルで保護、保全するセキュリティを提供。
  • エンドツーエンドソリューション:ハードウェアからソフトウェアサービスまで、一貫したソリューションを提供。

IP Infusion最高経営責任者(CEO)の大石清恭は、

「数十億人規模の新しいモバイルユーザーの出現、ビッグデータ時代の到来により、ネットワーク機器メーカは、SDNなど、最新かつ高い競争力を備えたネットワークソリューション構築の必要性に迫られています。『ZebOS-XP』は、最も高い要件が求められるネットワーク環境下であっても、高い予測可能性と耐障害性を継続的に提供できる機能を備えていますので、企業のお客様は、飛躍的に増大するデータ量や複雑化するネットワーク、完全仮想化やパブリック/プライベートクラウドといった新しい運用にも対応することができます」と述べています。

データセンタ内スイッチングに適したモジュラー型ソフトウェアソリューション
IP Infusionは、データセンタにおけるネットワーク構築の簡素化を目指し、モジュラー方式で提供される広範囲のデータセンタ向けプロトコル群やSDN機能をサポートします。これにより、キャリアグレードのデータセンタ管理および高可用性が実現可能となります。また、包括的なサービスおよびサポートも提供しているため、機器メーカはTop-of-Rackの理想的な高速ギガビットイーサネットスイッチソリューションを、エンドツーエンドで迅速に実装することが可能です。

「ZebOS-XP」は、モジュール型で耐障害性と保守性を基盤としたデータセンタ向けのネットワークオペレーティングミドルウェアです。モジュール構造を採用することにより、堅牢性と障害への対応力、拡張性、ネットワーク可用性が強化されています。

※1 SDN(Software Defined Networking): ネットワーク構成を動的に設定するために、ネットワーク全体をソフトウェアで制御(定義)する、という次世代ネットワークコンセプト(技術)。
※2 ECMP(Equal Cost Multi Path): ネットワークトラフィックを高バンド幅の複数のリンクに分散することによってパフォーマンスを向上させるルーティングアルゴリズム。

■IP Infusion Inc.について
IP Infusionは、最適化されたイーサネットやIPサービス向けに高機能ネットワークソフトウェアを提供する、 業界の先駆的企業です。ネットワーク業界の主要メーカは、IP Infusionの「ZebOS®」やその他のグローバル向け専門サービスを活用することで、 製品の迅速な市場投入や競合他社との差別化を低コストで実現しています。 IP Infusionの技術が組み込まれた製品は5大陸のほぼ全てのネットワークに搭載されており、 またネットワークの機能向上や設備コストの削減、収益の改善を目指す企業による採用も増えています。 IP Infusionはカリフォルニア州サニーベイルに本社を置き、ACCESS CO., LTD.の100%出資子会社です。 IP Infusionに関する詳細は、www.ipinfusion.comをご覧ください。

■ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイルおよびネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台突破のモバイルソフトウェア、並びに世界中の通信機器メーカなどへの豊富な搭載を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力とノウハウをベースに、現在、スマートデバイス上でクラウドサービスを実現するソリューションの開発・提供に注力しています。アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。ACCESSに関する詳細は、http://jp.access-company.com/をご覧ください。

※ACCESS、ACCESSロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※IP InfusionおよびZebOSは、IP Infusion Inc.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。