-ECHONET Lite規格対応ミドルウェアおよびIPv6センサーネットワークによる、相互接続を実現-


株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、「ワイヤレスジャパン2013」(日時:5月29日~31日、於:東京ビッグサイト)のWi-SUN Alliance※1のブースにて、独立行政法人 情報通信研究機構、株式会社村田製作所、株式会社エディックシステムズとともに、スマートハウス用の国際無線標準通信規格「Wi-SUN」及び家庭向けエネルギー管理アプリケーション用標準通信規格「ECHONET Lite」※2を搭載した家庭内の家電・センサーと接続しエネルギー管理可能なホームゲートウェイの共同相互接続デモンストレーションを実施します。本共同デモンストレーションにおいて、ACCESSは、ECHONET Lite対応ミドルウェアおよびIPv6対応のセンサーネットワーク技術を提供しています。

【背景と概要】
ACCESSは、スマートハウスの普及に向けて、IETFなどの国際標準に準拠した、先進のソフトウェアソリューションの開発・提供に注力しています。この一環として、IPv6環境下でのスマートメータやHEMSシステムにおける事業者のネットワーク開発・構築を容易にする、ECHONET Lite開発ミドルウェア「NetFront® HEMSConnect」およびIPv6センサーネットワークソリューション「ZebOS® Smart Objects」を展開しています。この度のデモンストレーションでは、異なる企業が開発したWi-SUN対応無線モジュールそれぞれにECHONET Lite対応「NetFront HEMSConnect」を搭載し、またこれら機器間をつなぐネットワーク技術として「ZebOS Smart Objects」の6LoWPAN HC※3と6LoWPAN ND※4といったIPv6センサーネットワーク技術を提供しております。これにより、ECHONET Lite搭載の家庭内の家電・センサーと、ECHONET Lite搭載のゲートウェイ間の相互接続を実現しています(下記参考資料の図ご参照)。

【今後の予定】
この度、ACCESSはWi-SUN Allianceに加盟いたしました。今後とも、Wi-SUN Allianceを初めとする国際標準化団体の加盟メンバーとともに、スマートハウスの普及に向けて、尽力してまいります。

ACCESS製品・技術に関する詳細は、以下をご覧ください。
・「NetFront HEMSConnect」:http://jp.access-company.com/products/itelectoronics/hemsconnect/
・「ZebOS Smart Objects」:http://jp.access-company.com/products/network/smartobjects/
Wi-SUN Allianceに関する詳細は、http://www.wi-sun.orgをご覧ください。

【ワイヤレスジャパン2013出展概要】
会期: 2013年5月29日(水) ~5月31日(金)
場所: 東京ビッグサイト 西ホール
URL: http://www8.ric.co.jp/expo/wj/
Wi-SUN AllianceブースNo.: SM-10


※1:Wi-SUN Alliance:スマートメータ用無線の国際標準規格「IEEE 802.15.4g」の普及を目指した業界団体。 
※2:ECHONET Lite:エコーネットコンソーシアムが策定したHEMS、スマートメータの標準通信プロトコル。
※3:6LoWPAN HC (IPv6 over Low-power Wireless Personal Area Network Header Completion):
センサーネットワークにおいてIPv6 の利用を可能とする技術で、MTU (Maximum Transfer Unit)の制限が厳しいWireless Interfaceにおいて、IPv6ヘッダ圧縮およびIPv6 packetのフラグメント/デフラグメントを行い、IPv6 packetの伝送効率を向上します。
※4:6LoWPAN ND(IPv6 over Low-power Wireless Personal Area Network Neighbor Discovery):
センサーネットワークにおいてIPv6 の利用を可能とする技術で、アドレス解決、近隣探索においてフラッディングを抑え、IPv6 networkの制御パケットの最適化を行うことで、データ伝送効率を向上します。また、RPLなど、他プロトコルを用いないNeighbor Discoveryベースでの簡易なメッシュルーティングを実現します。

■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台突破のモバイルソフトウェア、並びに世界中の通信機器メーカなどへの豊富な採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力とノウハウを活用して、現在、クラウドを介してスマートデバイス上で多彩なサービスを実現するHTML5ベースのアプリケーション、並びにネットワーク仮想化(SDN)等の先進のネットワーク技術の開発・提供に注力しています。アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。詳細は、http://jp.access-company.com/をご覧ください。
 

 ※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※ZebOSは、日本国、米国、及びその他の国におけるIP Infusion Inc.の登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

 

<参考資料>

 
<今回展示を行うシステムのイメージ>