株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)は、本日、欧州の放送関連の展示会「TV Connect」(於:ロンドン)主催の「TV Connect Industry Awards 2013」において、同社のHTML5対応WebKitブラウザ「NetFront® Browser NX」が「Best Component or Enabler」賞を受賞したことを発表しました。

ACCESSの最高技術責任者 石黒 邦宏は、「この度の受賞を嬉しく思います。『NetFront Browser NX』は、テレビなどデジタル機器向けのコンテンツ共有やOTT(Over the Top)といったサービスに最適なブラウザです。機器メーカは、次世代Web記述言語であるHTML5や通信と放送のハイブリッド規格であるHbbTVなど、最新のグローバル標準に対応したブラウザ機能を実装することができます。本ブラウザは、次世代型テレビ視聴体験を望む市場の高いニーズに応える業界トップクラスのWebレンダリング速度と躍動感のあるグラフィックやユーザーインタフェイス(UI)を備えています」と述べています。

「NetFront Browser NX」は、HTML5 Canvas やCSS 3D Transforms など最先端のWeb技術を備えたプラットフォーム非依存のHTML5 対応WebKitブラウザです。メモリ使用効率の最大化、優れた安定性と移植性を実現し、HbbTVやBBC iPlayer、CE-HTML など最新のテレビ規格にも対応しています。「NetFront Browser NX」を採用することにより、通信事業者、OEMメーカおよびミドルウェアプロバイダは、容易に、迅速に、かつ低コストでテレビ向けサービスを提供することができます。

「NetFront Browser NX」に関する詳細は、
http://jp.access-company.com/products/browser/nx/ をご覧ください。

■ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績10億台突破のモバイルソフトウェア、並びに世界中の通信機器メーカなどへの豊富な採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力とノウハウを活用して、現在、クラウドを介してスマートデバイス上で多彩なサービスを実現するHTML5ベースのアプリケーション、並びにネットワーク仮想化(SDN)等の先進のネットワーク技術の開発・提供に注力しています。アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。詳細は、http://jp.access-company.com/ をご覧ください。

 

* ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
* その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。