-3Dスイング解析アプリと高性能スイングセンサーにより、スマートフォンで手軽に本格的レッスンを実現-

~いつでもどこでもスマホでゴルフレッスン~

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)は、スマートフォン(およびタブレット)向け3D(3次元)スイング解析アプリケーション(以下、アプリ)と高性能スイングセンサー※1により本格的なゴルフスイングの3D解析を可能とする新製品「Fullmiere(フルミエル)」を、2013年1月下旬より提供開始いたします。本製品の3Dスイング解析アプリは、当社ホームページなどを通じて「Good Swing Golf」として一部情報公開しておりましたが、この度の開発完了および商用化に伴い、アプリとセンサーを組み合わせた製品のブランド名として「Fullmiere」と新たに命名いたしました。2013年1月下旬より、一般ユーザーを対象に、国内における総代理店である株式会社デザインチューニング(本社:東京都千代田区、代表取締役:久保田 英稔)の販売チャネルを介して、販売開始いたします。

【開発背景】
スマートフォンの普及は世界的に急拡大しており、国内における人口普及率は2012年には約40%に達し、さらに2016年には70%を越えると見込まれています※2。一方、国内のゴルフ業界では、これまでゴルフ市場を牽引してきた団塊世代が2015年には70代を迎えるのに際し、新規の市場開拓が課題となっており、業界をあげて若年層や女性をターゲットにした様々な取り組みが進んでおります。こうした中、ACCESSは、スマートフォンを用いて、気軽に本格的なゴルフスイングレッスンを行うことができる製品「Fullmiere」を市場投入いたします。「Fullmiere」は、スコア100を切ることを目指す初心者から中級者をメインターゲットにしており、ゴルファーを時間と場所の制約から解放する次世代型のゴルフレッスン環境を提供します。

【製品概要】
「Fullmiere」は、ゴルフクラブに装着した高性能スイングセンサーから送信されるデータを、ゴルフスイングの軌道としてスマートフォン上で数値解析・3D可視化することにより、ゴルフレッスンをいつでもどこでも気軽に行うことを可能とする製品です。ACCESSの先進のモバイルソフトウェアおよびクラウドコンピューティング技術を、3次元モーションセンサー技術に連携させることにより実現いたしました。3Dスイング解析アプリをお手持ちのスマートフォン上で起動し、クラブに超小型軽量の高性能スイングセンサーを装着してスイングするだけで、センサーによって捉えられた軌道データは、無線通信でスマートフォンに転送されます。同軌道データは、スマートフォン上の3Dスイング解析アプリにより、独自のアルゴリズムにて処理され、ゴルフスイング分析に適切な数値を算出後、スイング軌跡として3Dでグラフィック化されます。一方向からのカメラ撮影では捉えきれない、360度からのゴルフヘッドのスイング軌道や、フェイスの開き具合などを一度のスイングで確認することが出来ます。また、クラウド上で個人データを管理し、自宅のPCからでも測定結果を確認できます。クラウドを介して、著名なレッスンプロによるレッスンサービスも、2013年春より提供開始する予定です。

<主な特長>

  • クラブ装着用高性能スイングセンサー連動型のため、ビデオ撮影を行う必要がありません。スマートフォンとスイングセンサーさえあれば、いつでもどこでもご利用いただけます。
  •  高性能スイングセンサーは、加速度(3)、角速度(3)、方位(3)の3次元測定を可能とする9軸センサーで、毎秒500点の動きを捉えます。
  • 3Dスイング解析アプリ
    • 1回のスイングで、ヘッドスピード、フェイス角(360度)、スイング軌道などスイング上達に必要な7種類のデータ(別紙資料参照)をクラブを振ったその場で測定できます。
    • 「3Dビューモード」によりスイング軌道を360度で3D表示。スイングを上下左右どこからでも確認できます。
    • スイング比較機能
      • スイング同士の比較機能が実装されており、自身のベストショットやプロのスイングとの比較が可能です。ベストスイングに近づけることにより、スコアアップを支援します。
    • レッスンプロからのアドバイス機能
      • レッスンプロからのアドバイスにより、スイングで気になるポイントを改善できます。2013年春からは、複数のレッスンプロによるアドバイスサービスも予定しています。
    • クラウド連携機能
      • クラウド連携機能も完備しており、スイングデータをクラウドにアップロードし、自宅のPCからでも測定したデータを閲覧できます。将来的には過去の測定データを蓄積して、統計処理やグレードアップした分析機能によるスイング分析も予定しています。自身の上達具合を記録する練習日記として、苦手な番手を克服するツールとしてご活用いただけます。
    • 簡単操作
      • 測定する際のスマートフォンの操作は、チュートリアル形式で進むため、スマートフォン初心者にも簡単でわかりやすいように設計されています。 

スマートフォン上の3Dスイング解析アプリとクラブに装着された高性能スイングセンサーとの連携、
並びにクラウドを介したパソコンとの連携やレッスンサービスなどの連携イメージ図

トップ画面測定結果スイングデータの比較クラブフェイス角
トップ画面をタップして測定開始。ヘッドスピード、フェイス角、スイング軌道などを表示。140文字までコメント書き込み可能。プロからのアドバイスももらえる。スイングアーク(ヘッド奇跡)のデータを表示し、比較。360度回転できます。アニメーション動作します。シャフトとフェイス角にも同様に対応。クラブフェイス角の軌道表示。インパクト前後の軌跡を表示。
アニメーション動作します。 

 主なスイング解析機能
    

・ご提供物:3Dスイング解析アプリおよび超小型スイングセンサー
・3Dスイング解析アプリ対応機種:Android2.3、4.x以上のスマートフォン/タブレット
  ※iPhoneおよびiPad向けは2013年初夏を予定しています。
・販路:全国のゴルフショップ及びスポーツ用品量販店にて順次販売予定
・価格:20790円(税込み)/19800円(税抜き)
・発売:2013年1月下旬予定

高性能スイングセンサー

 「Fullmiere」に関する詳細は、http://www.fullmiere.comをご覧ください。
また、Facebookにて新サービスの情報入手やユーザ間の交流もお楽しみいただけます。
今後、ACCESSは、3Dスイング解析アプリと高性能スイングセンサーを、スイング解析を必要とする他のスポーツ分野にも応用してまいります。

※1 高性能スイングセンサーには、ドリームフォレスト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:吉田雅信)の「MyMoTM」を採用しています。
※2 2012年7月26日発表の株式会社シードプランニングのプレスリリースより。
 http://www.seedplanning.co.jp/press/2012/2012072601.html


株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイルおよびネットワークソフトウェア技術を駆使した先進のITソリューションを提供するグローバル企業です。全世界で累計10億台の搭載実績を誇る組み込み向けソフトウェア「NetFront®」シリーズやネットワークソリューション「ZebOS®」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジにより、通信事業者、メーカー、サービス事業者などの製品・サービス開発やインフラ構築を速やかに実現します。現在、アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。詳細はhttp://jp.access-company.com/をご覧ください。

※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFront、Fullmiereは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※ZebOSは、日本国、米国、及びその他の国におけるIP Infusion Inc.の登録商標または商標です。
※iPhone、iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。


別紙資料

3D スイング解析アプリ 
グリップに取り付けられたモーションセンサーが感知したデータを3次元ベクトルに変換し、ゴルフスイング解析に必要な、フェイス角、ヘッドスピードなど7種類のデータを計測いたします。
 
● スイング軌跡解析-1回のスイングで、①ヘッドスピード、②スイング軌跡(360度)、③フェイス角(360度)、④アタックアングル(アッパーブロー、レベルブロー、ダウンブロー)、⑤左右スイング軌道(インサイドアウト、インサイドイン、アウトサイドイン)、⑥スイングプレーン(アンダー、オンプレーン、スティープ)、⑦テンポの解析が可能
● 3Dビューモード
  -自分のスイングアークを正面、頭上など縦、横、斜め、どの角度からも立体的に確認可能
 -3Dビューモードはスイングアークとシャフト表示に切り替えが可能
● インパクト解析
 -プレイヤーが目で確認できないインパクト時のヘッドの動きがわかる!
 -インパクト前後のフェイス角をアニメーションで表示
● データの比較
 - 保存したデータやプロのスイングデータと各解析モードで重ね合わせて表示/ 比較が可能
 ※ 比較するプロのスイングデータやアドバイスとして、関雅史プロのデータが標準で入力されています。
● 1W(ウッドドライバー)~SW(サンドウェッジ)まで対応
● クラウドサービスとの連携により、自身のスイング解析データ保存や、レッスンプロからのアドバイスなどのサービスも予定しています(2013年春予定)。
● 開発・製造・販売:ACCESS
※アドバイス機能で利用するため、アプリ内ではさらに5種類のデータを同時に取得しています。
⑧リストスピード、⑨リスト回転速度、⑩リストターン係数、⑪ライ角、⑫リアルロフト角

 高性能スイングセンサーの主な特長

加速度、角速度、方位センサーを組み合わせ、高い測定精度を確保。
  • 超小型軽量。低消費電力設計。
  • 防滴で屋外使用も安心。毎秒500点の測定ゴルフスイングへの影響を考慮した軽量化設計。
  • センサー: 9軸センサー
  • 3次元測定:加速度(3)、角速度(3)、方位センサー(3)

    クラブ装着イメージ

  • CPU : 32bit マイクロプロセッサー ユニット
  • バッテリー:リチウムイオン電池(実使用時間:約4時間)
  • 無線インターフェース: Bluetooth 2.1+EDR
  • 大きさ:幅 24 x 長さ55 x 厚さ 17.8mm
  • 色:1色(シルバー)
  • 軽量化設計:約15グラム(本体)
  • 防滴仕様
  • 開発・製造:ドリームフォレスト 販売:ACCESS   

以上