株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)は、本日、DLNA※1(Digital Living Network Alliance)対応機器間での高度なセキュリティレベルを実現したコンテンツ共有ソリューションを発表いたしました。同ソリューションは、ACCESSのDLNA準拠のソリューション「NetFront® Living Connect」と、ACCESSと協業関係にあり、グローバル市場向けに全世界のマルチスクリーン・デジタル・テレビ・サービスのセキュリティ向上と収入拡大を専門としているVerimatrixの「ViewRight®」との統合により実現されました。

「ViewRight」はVerimatrixの「VCAS™(Video Content Authority System )」製品群の一つです。「ViewRight」シリーズは、認証や詳細なコンテンツ利用条件などのセキュリティ機能を拡張するアプリケーション・パッケージです。パソコン、携帯電話、スマートフォン、タブレット、セットトップボックス、デジタルテレビなど多彩なネットワーク対応機器におけるHLS※2コンテンツ配信のセキュリティを強化します。これにより、新たに立ち上がりつつある映像コンテンツ市場において、事業者が、国際的なデジタルテレビ放送規格であるDVB規格や、放送と通信のハイブリッド規格、IPTVネットワーク対応の機能を拡張し、収益を確保することを支援します。

本統合ソリューションの利用により、映像制作スタジオやその他コンテンツ所有者などの業界関係者は、HDムービーのような貴重なコンテンツを、家電機器上で安心して共有することが可能になります。2014年には米国の一般家庭において平均24台の機器がネットワーク上で接続されると予測されています。これらのすべての機器上でコンテンツ共有が進めば、放送業界にとってマルチスクリーン・サービスへの対応は、より重要な意味を成すことになります。

ACCESSのIAグローバルセールス担当バイスプレジデントDr. Neale Fosterは、
「ACCESSは、高い安全性を確保するために、Verimatrixと協業し、『ViewRight』と『NetFront Living Connect』を統合しました。セキュリティが強化されたコンテンツ共有ソリューションにより、コンテンツ産業各社はDLNA対応家電機器間での映画や音楽やテレビ番組といった情報コンテンツの共有が可能になり、コンテンツ消費における垣根を解き放ち、新たなビジネスモデルの構築が可能となります」と述べています。

Verimatrix社のCTO Petr Peterka氏は、
「現在、ユーザーは個人が作成したコンテンツをホームネットワーク上の機器間で共有して楽しんでいますが、今回のACCESSとVerimatrixの統合ソリューションにより、貴重な商用コンテンツの共有も同様に行うことができるようになります。私たちは、放送業界全体が目指しているマルチスクリーン・サービスの未来にとって、コンテンツ共有が鍵となると考えています。ACCESSとVerimatrixの協業によるコンテンツ共有ソリューションは、放送事業者の高価なセットトップボックスへの投資を低減させ、無駄を省き、収益確保を支援します」と述べています。

今回発表されたソリューションは、本日、9月7日(金)から11日(火)までオランダ・アムステルダムで開催される予定の欧州最大の放送機器関連の展示会「IBC(International Broadcasting Convention)2012」で、デモ展示されます。ACCESSのブース番号は「14.103」です。

「NetFront Living Connect」に関する詳細は、http://jp.access-company.com/products/nf/living/index.htmlをご覧ください。

※1 Digital Living Network Alliance(略称DLNA)は、家電、モバイル、およびパーソナルコンピュータ産業における異メーカー間の機器の相互接続を容易にするために2003年6月に結成された業界団体です。
※2 HLS(HTTP Live Streaming)形式とは、動画をストリーミング送信するための プロトコルの1つです。


株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、世界中の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイルおよびネットワークソフトウェア技術を駆使した先進のITソリューションを提供するグローバル企業です。全世界で累計10億台の搭載実績を誇る組み込み向けソフトウェア「NetFront®」シリーズやネットワークソリューション「ZebOS®」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジにより、通信事業者、メーカー、サービス事業者などの製品・サービス開発やインフラ構築を速やかに実現します。現在、クラウド技術をベースにした電子出版プラットフォーム「ACCESS™ Digital Publishing Ecosystem」およびモバイル広告配信ソリューション「NetAd」など、スマートフォンをはじめとするマルチデバイス上で高付加価値サービスを実現するソリューションの開発・提供を加速しています。またアメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。詳細はhttp://jp.access-company.com/をご覧ください。

※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※ZebOSは、IP Infusion Inc.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※DLNAは登録商標です。Digital Living Network Allianceは、デジタル リビング ネットワーク アライアンスのサービスマークです。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。