株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)とテレビ向けミドルウェアのプロバイダである、Ocean Blue Software Ltd.(本社:イギリス、CEO:Kenneth Helps、以下Ocean Blue Software)は、本日、欧州の放送と通信のハイブリッド規格であるHbbTV※1対応ミドルウェアソリューションの提供を開始したことを発表いたしました。

ACCESSとOcean Blue Softwareは、昨秋、テレビにHbbTV対応や家電連携機能を搭載するための最先端のミドルウェアソリューションを共同で開発・提供していくことで提携しております。この度、ACCESSのHbbTV対応ブラウザ「NetFront® Browser NX 2.0 DTV Profile HbbTV Edition」とOcean Blue Softwareのテレビ向けミドルウェア「Sunrise DVB 」を統合し、HbbTV対応ミドルウェアリューションとして提供開始いたしました。本ソリューションを採用することにより、家電メーカーや、SoC(System-on-a-chip)ベンダー、OEMベンダーは、最先端のHbbTV対応製品を迅速に市場投入することが可能となります。

Ocean Blue SoftwareのCEO Kenneth Helps氏は、
「現在、欧州では、HbbTV対応のテレビやセットトップボックスへの市場ニーズは高まりをみせています。こうしたニーズにいち早く応えるため、ACCESSと当社は協力して、メーカーのお客様向けに先進のHbbTVソリューションを提供してまいります」と述べています。

IBC(International Broadcasting Convention)は、同社レポート「HbbTV Sweeps Interactive TV Across Europe」(http://www.ibc.org/page.cfm/Action=Library/libID=2/listID=4/libEntryID=138)にて、欧州では2014年までに6,000万台のHbbTV対応テレビが普及するとの見解を示しています。また、IBCは、HbbTVが欧州における双方向放送や、放送と通信のハイブリッド放送、OTTビデオ(Over The Top Video)※2放送の標準となりつつあり、こうした傾向は欧州以外の地域にも影響を及ぼすであろうと述べています。

ACCESSのIAグローバルセールス担当バイスプレジデントDr. Neale Fosterは、
「HbbTVへの関心は欧州内に留まらず、他の国々へも波及しています。また、ACCESSのHbbTV対応『NetFront® Browser NX』とOcean Blue Softwareの『Sunrise DVB』という最高の組み合わせにより生まれたHbbTV対応ミドルウェアソリューションは、プラットフォーム非依存ですので、あらゆるプラットフォームに容易に実装することが出来ます。メーカーは、本ソリューションにより、より早く、より簡単にHbbTV対応機器を開発することができるため、市場拡大を狙うことができるでしょう」と述べています。

「Sunrise DVB」ミドルウェアについて
「Sunrise DVB」はOcean Blue Software のDVBソフトウェアシリーズで、無料衛星放送(FTA)またはペイパービュー(PPV)有料機能を提供します。モジュラー、ハードウェアにとらわれず、メーカー顧客がテレビやセットトップボックス上でデジタルテレビサービスを提供するために必要なすべての要素が含まれています。また、従来のアナログサービスにも対応しています。

「NetFront Browser NX v2.0 DTV Profile HbbTV Edition」 について
ACCESSが開発・提供する、プラットフォーム非依存の、HbbTV対応WebKitベースのブラウザであり、さまざまな家電機器への搭載実績を有しています。メーカーや通信事業者などの、HbbTV機能の拡張や新製品投入を、迅速・効率的かつ安価に実現にします。

※1 HbbTV(Hybrid Broadcast Broadband TV)は,欧州域内において、ネットワーク対応TVやSTB上で映像などの配信を円滑に行うための放送規格です。
※2 ブロードバンドインターネットに直接接続された(PC以外の)機器上で視聴するテレビ放送。

 

株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、国内外の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイルソフトウェアおよびネットワークソフト技術を核とした先進のITソリューションを提供するグローバル企業です。全世界で累計搭載台数10億台突破を誇るソフトウェアシリーズ「NetFront®」やネットワークソリューション「ZebOS®」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジにより、通信事業者、メーカー、サービス事業者などの製品・サービス開発やインフラ構築を速やかに実現します。現在、クラウド連携の電子出版プラットフォーム「ACCESS Digital Publishing Ecosystem」など、スマートデバイス上で高付加価値サービスを実現するソリューションの開発・提供を加速しています。またアメリカ、ヨーロッパ、アジア地域の子会社を拠点に国際展開を推進しています。ACCESSに関する詳細はhttp://jp.access-company.com/をご覧ください。

Ocean Blue Softwareについて
Ocean Blue Softwareは、デジタルテレビ製品向けにグローバル規模のソフトウェアソリューションの開発、販売、サポートを行う企業です。DTB-T2、MHEG HD、HbbTV、ホームネットワーク対応TV、インターネットTV、Freeview対応ソフトウェア製品、CI Plus、Talking TV技術などに向けてミドルウェアを提供しています。イギリスのブリストルに本社を置き、香港と日本にオフィスを有しています。Ocean Blue Softwareのソフトウェア製品は、国際的なデジタル放送基準であるDVBとDTGに忠実に対応しており、優れた利便性、操作性を特長としています。Ocean Blue Softwareに関する詳細はhttp://oceanbluesoftware.comをご覧ください。

本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
メールによるお問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
メールによるお問い合わせはこちら


※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※ZebOSは、IP Infusion Inc.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※Sunrise DVB Middlewareは、Ocean Blue Softwareの登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。