-7月4日、Macintosh版を公開- 


株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、本日、同社のEPUB 3対応電子書籍ビューワ「NetFront® BookReader EPUB Edition」の技術が、国際的な電子書籍標準化団体であるIDPF(International Digital Publishing Forum)のMacintosh版EPUB 3「Readiumリファレンス・プラットフォーム」に搭載され、7月4日朝(日本時間)に、IDPFより公開された旨を発表いたしました。

EPUB 3は、日本語の複雑な組版も忠実に再現し、映像・音声、JavaScript などリッチコンテンツにも対応するEPUB規格の最新版として、IDPFより昨年発表されました。IDPFは、今年2月にはEPUB 3の普及を目指して、世界中のメンバー企業からなる「プロジェクトReadium」を発足し、EPUB 3のリファレンス・プラットフォームの開発に着手しました。ACCESSは、同プロジェクトに賛同し、メンバー企業およびコントリビュータとして、リファレンス・プラットフォームの開発において技術協力をいたしました。

具体的には、ACCESSはWebKitベースのEPUB 3ビューワ「NetFront BookReader EPUB Edition」のコアエンジンの一部をMacintosh版「Readiumリファレンス・プラットフォーム」向けに改変・供与いたしました。さらに日本語対応のユーザインターフェースの供与も予定しています。今後、ACCESSは、オープンソース技術を採り入れて、本プラットフォームを進化させていくとともに、WebKitのメインストリームとも協調させてまいります。

IDPF事務局長のビル・マッコイ氏は、
「電子書籍市場のさらなる拡大には、真の意味での世界標準を確立する必要があり、そのためにも多言語への対応は不可欠です。ACCESSの技術協力により、EPUB 3の真価を世界に示すこととなるMacintosh版リファレンス・プラットフォームを策定し、公開することができました。本プラットフォームが、世界中のエンジニアの開発意欲をかきたて、電子書籍市場を一段と活性化させ、ひいては世界中の言語のきめ細かな表現にも対応したCSS※やブラウザの機能拡張につながるものと期待しています」と述べています。

ACCESS 取締役 兼 最高技術責任者(CTO) 石黒 邦宏は、
「当社は、ユーザの皆様に快適な電子書籍の閲覧環境をいち早く提供できるように、オープンソースをベースに、当社独自の技術を組み合わせた先進のソフトウェア・ソリューションの開発に注力しています。昨年、市場に先駆けて発表しましたWebKitベースのEPUB 3ビューワ技術が、IDPFのリファレンス・プラットフォームに搭載されたことを光栄に思います。引き続き、IDPFのメンバー企業として、EPUB規格普及に貢献してまいります」と述べています。

「プロジェクトReadium」およびMacintosh版「Readiumリファレンス・プラットフォーム」に関する詳細は、IDPF公式サイトhttp://readium.org/をご覧ください。

なお、第16回 国際電子書籍Expo(日時:7月4日(水)~6日(金)、於:東京ビッグサイト)にてアジア初のEPUB 3コンファレンスが同時開催されます。初日となる本日、IDPF/DAISYコンソーシアムのCTO マーカス・ギリング氏による講演中、ACCESSはMacintosh版「Readiumリファレンス・プラットフォーム」のデモンストレーションを披露いたします。詳細は、http://idpf.org/tibf-2012/ をご覧ください。

「NetFront BookReader EPUB Edition」とは:
ACCESSの組み込みソフトウェアにおける技術力と、電子出版ソリューションにおける日本語組版の表現ノウハウを駆使して開発された、マルチプラットフォーム対応のEPUB電子書籍ビューワです。これまでのグローバル標準仕様であったEPUB2.0.1仕様に加えて、最新のEPUB 3.0仕様をサポートし、縦書き、ルビ、禁則といった、複雑な日本語組版を表現する事が可能となります。また、WebKitをベースとしていることに より、HTML5やJavaScriptを用いた多彩なコンテンツ表現にも対応しており、電子書籍コンテンツの中に埋め込まれた、音声や動画、アプリ ケーションなどのリッチメディアを、快適に楽しむことが可能となります。

※ CSS(Cascading Style Sheet)とは、Webページのスタイルを指定する言語の一つです。

株式会社ACCESSについて
ACCESSは、国内外の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイルソフトウェアおよびネットワークソフト技術を駆使した先進のITソリューションを提供するグローバル企業です。全世界で累計10億台の搭載実績を誇る組み込み向けソフトウェア「NetFront®」シリーズやネットワークソリューション「ZebOS®」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジにより、通信事業者、メーカー、サービス事業者などの製品・サービス開発やインフラ構築を速やかに実現します。現在、スマートフォン向けアプリシリーズ「NetFront®Life」、クラウド技術をベースにしたクロスメディア対応の電子出版プラットフォーム「ACCESS Digital Publishing Ecosystem」およびモバイル広告配信ソリューション「NetAd」など、スマートフォンをはじめとするマルチデバイス上で高付加価値サービスを実現するソリューションの開発・提供を加速しています。2001年より東証マザーズにて株式を公開(4813)し、アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。ACCESSに関する詳細はhttp://jp.access-company.com/をご覧ください。

本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
メールによるお問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
メールによるお問い合わせはこちら

※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※IP InfusionおよびZebOSは、IP Infusion Inc.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※Java, all Java-based trademarks and logos are trademarks or registered trademarks of Oracle and/or its affiliates.
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。