角川グループ提供の電子書籍も全てEPUB3.0化へ

 
株式会社角川グループホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤辰男 以下、角川GHD)ならびに角川グループの電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」を運営する株式会社角川コンテンツゲート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:浜村弘一)と株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)は、角川グループの電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」向けに、ACCESSの「NetFront® BookReader EPUB Edition」をベースにしたEPUB3.0準拠の電子書籍ビューワの開発に着手し、2012年8月を目処に、「BOOK☆WALKER」にて提供開始することを決定しましたのでお知らせします。

今回提供予定の電子書籍ビューワでは、「NetFront® BookReader EPUB Edition」をコアエンジンとし、そこに角川コンテンツゲートの開発による「BOOK☆WALKER」独自の機能とサービスを付加してまいります。独自機能の例としては、角川グループの強みであるライトノベル作品で、イラストがより大画面で楽しめる機能や、ご要望の多かった、デバイス間の共有しおり機能等を予定しています。 
また「BOOK☆WALKER」を利用するためには、これまでスマートフォンやタブレット端末へ専用アプリをインストールする必要がありましたが、EPUB3.0の対応にあわせて、PCブラウザでの閲覧も可能となります。

併せて、ACCESSの技術支援を受け、角川GHD傘下各社と合同で、角川グループ標準のEPUB3.0作成規程を制定し、現在グループ各社が保有する約5,000タイトルの電子書籍全てのEPUB3.0対応を推進してまいります。 
さらに、角川グループでは、「BOOK☆WALKER」のみならず、提携電子書籍ストアに対してもEPUB3.0の電子書籍データ提供を行っていく予定です。 

角川グループとACCESSは、今後も様々な機能を実装し、お客様にご提供することにより、利便性向上と、デジタルならではの付加価値の創出、電子書籍への信頼拡大に努めて参ります。

「EPUB3.0」とは:

EPUBはHTML5やCSS3などのWeb標準技術をベースにした、グローバル標準の電子書籍のファイルフォーマット。電子書籍標準化団体の1つであるInternational Digital Publishing Forum(IDPF)が日本語にも対応した「EPUB 3.0」を公開し、今後日本でも普及されると考えられているフォーマットです。

「BOOK☆WALKER」とは:

角川グループ直営の電子書籍配信プラットフォーム。iPhone/iPad/iPod touch及び、Android OS搭載端末向けストア・ビューア一体型アプリケーションと、PC版ストアを展開しています。ライトノベル、コミック、文芸、新書、ゲーム関連書籍、雑誌など角川グループの作品を中心に5,000タイトル以上を販売しています。 
また、昨秋よりニコニコ動画やGREE等の外部ソーシャルメディアとの連携サービスもスタートさせ、新しい読書スタイルの提案を行っています。

「NetFront BookReader EPUB Edition」とは:

ACCESSの組み込みソフトウェアにおける技術力と、電子出版ソリューションにおける日本語組版の表現ノウハウを駆使して開発された、マルチプラットフォーム対応のEPUB電子書籍ビューワです。これまでのグローバル標準仕様であったEPUB2.0.1仕様に加えて、最新のEPUB3.0仕様をサポートし、縦書き、ルビ、禁則といった、複雑な日本語組版を表現する事が可能となります。また、WebKitをベースとしていることにより、HTML5やJavaScriptを用いた多彩なコンテンツ表現にも対応しており、電子書籍コンテンツの中に埋め込まれた、音声や動画、アプリケーションなどのリッチメディアを、快適に楽しむことが可能となります。

株式会社角川グループホールディングス
http://www.kadokawa-hd.co.jp/

株式会社角川コンテンツゲート
http://www.kadokawa-cgate.co.jp/

■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、国内外の通信、家電、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、先進のモバイルソフトウェアおよびネットワークソフト技術を核にしたITソリューションを提供するグローバル企業です。全世界で累計10億台の搭載実績を誇る組み込み向けソフトウェア「NetFront®」シリーズやネットワークソフトウェアソリューション「ZebOS®」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジにより、通信事業者、メーカー、サービス事業者などの製品・サービス開発やインフラ構築を速やかに実現します。現在、スマートフォン向けアプリシリーズ「NetFront® Life」やクラウド技術をベースにした電子出版プラットフォーム「ACCESS Digital Publishing Ecosystem」およびモバイル広告配信ソリューション「NetAd」など、スマートフォンをはじめとするマルチデバイス上で高付加価値サービスを実現するソリューションの開発・提供を加速しています。2001年より東証マザーズにて株式を公開(4813)し、アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。ACCESSに関する詳細はhttp://jp.access-company.com/をご覧ください。

●本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
メールによるお問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
メールによるお問い合わせはこちら


※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※ZebOSは、日本国、米国、及びその他の国におけるIP Infusion Inc.の登録商標または商標です。
※iPhone、iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※Android は Google Inc. の商標または登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。