-クラウドやDLNA Premium Video対応等、新機能を搭載-


株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏伸哉、以下ACCESS)は、本日、2012年3月20日(火)~22日(木)に英国・ロンドンで開催されるIP&TV World Forum 2012において、DLNA※1(Digital Living Network Alliance)ソリューションの最新版となる「NetFront® Living Connect 3.0」を初披露することを発表しました。「NetFront Living Connect 3.0」は、家電メーカーがデジタルテレビ、セットトップボックス、携帯電話などの情報家電機器にDLNA機能を迅速かつ効率的に実装することを可能にする、業界を代表する組み込み向けDLNAソリューションです。「NetFront Living Connect 3.0」は、配信された動画を複数機器でストリーミング視聴可能にするDLNAの新サービス「DLNA Premium Video」に対応するとともに、クラウド連携およびHTML5対応RUI(Remote User Interface)との統合といった機能が強化されています。

「NetFront Living Connect 3.0」は、DLNA Premium Videoサービスをサポートし、 高品質な動画コンテンツ視聴を、安全性を確保しつつ実現します。DLNA Premium Videoにより、 サービスプロバイダーは、エンドユーザーが家庭においてDLNA対応のテレビや タブレット端末、携帯電話、ブルーレイディスクプレイヤー、ビデオゲーム機器上で、 好みのテレビ番組や映画のストリーミング視聴を楽しめる環境を提供できるようになります。

また「NetFront Living Connect 3.0」により、サービスプロバイダーは、 クラウド経由でコンテンツをホームネットワークへ配信することが可能になります。 クラウド連携により、「NetFront Living Connect 3.0」を用いて、 エンドユーザーやサービスプロバイダーは、ローカル上のメディアコンテンツのみでなく、 外部に保存されているメディアコンテンツへアクセスして同期するという選択肢が広がります。 さらに「NetFront Living Connect 3.0」には、サービスプロバイダーの持つWeb APIをあらかじめプラグイン化し、 実装してありますので、ユーザーは、オンラインストレージやDLNA機器上に 保存してあるウェブコンテンツを楽しむことが出来ます。

なおIP&TV World Forumにおいて「NetFront Living Connect 3.0」と 統合したHTML5対応NXブラウザを展示します。RUI等のDLNA機能により、 HTML5対応NXブラウザ上でウェブアプリケーションが ネットワークホームサービスにアクセスするデモンストレーションをご覧いただけます。

ACCESSの最高技術責任者 石黒 邦宏は、
「コンテンツ共有の際の安全性の確保は、 コンテンツ所有者にとって、同コンテンツ共有を許可するか否かを決定する重要な問題です。 『NetFront Living Connect 3.0』は、こうしたDLNA準拠のコンテンツ共有に求められる安全性を確保します。 プラグインにより、エンドユーザーの皆様は家庭から様々なデバイスを通じて、 FlickrやYouTubeといったクラウドベースの人気サービスを利用することもできます。 またブラウザとの統合により、家庭にあるあらゆるDLNA機器を通じてDLNAサービスの利用も容易にできるようになります。 セキュリティ、クラウドベースのサービス、そして様々な先進機能が搭載された最新版DLNAソリューションは、 企業やユーザーの皆様にとって大きな変革をもたらすものと自負しております」と述べています。

「NetFront Living Connect」に関する詳細は、
http://jp.access-company.com/products/nf/living/をご覧ください。

※1 Digital Living Network Alliance(略称DLNA)は、家電、モバイル、 およびパーソナルコンピュータ産業における異メーカー間の機器の相互接続を容易にするために 2003年6月に結成された業界団体です。


株式会社ACCESSについて

ACCESSは、国内外の通信、家電、放送、エネルギーインフラ業界向けに、 先進のモバイルソフトウェアおよびネットワークソフト技術を核にしたITソリューションを提供するグローバル企業です。 全世界で累計10億台の搭載実績を誇る組み込み向けソフトウェア「NetFront®」シリーズや ネットワークソフトウェアソリューション「ZebOS®」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジにより、 通信事業者、メーカー、サービス事業者などの製品・サービス開発やインフラ構築を速やかに実現します。 現在、スマートフォン向けアプリシリーズ「NetFront® Life」やクラウド技術をベースにした 電子出版プラットフォーム「ACCESS Digital Publishing Ecosystem」をはじめ、 スマートフォンなどのマルチデバイス上で高付加価値サービスを実現するソリューションの開発・提供を加速しています。 2001年より東証マザーズにて株式を公開(4813)し、 アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。 ACCESSに関する詳細はhttp://jp.access-company.com/をご覧ください。

本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
メールによるお問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
メールによるお問い合わせはこちら


※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※ZebOSは、日本国、米国、及びその他の国におけるIP Infusion Inc.の登録商標または商標です。
※DLNAは登録商標です。Digital Living Network Allianceは、デジタル リビング ネットワーク アライアンスのサービスマークです。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。