-高いメモリ使用効率と安定性、移植性を実現し、
HbbTV、国内VOD規格など幅広いデジタルテレビ向け放送・IPTV規格に対応-


株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)は、本日、WebKitをベースにした情報家電向けブラウザの最新版「NetFront® Browser NX v2.0 DTV Profile」を開発し、提供を開始した旨を発表いたしました。最新版は、高いメモリ使用効率と、優れた安定性、移植性を実現すると共に、HbbTV※1やBBC iPlayer※2、国内VOD(Video On Demand、動画配信サービス)規格であるデジタルテレビ情報化研究会仕様、CE-HTML※3など、国内外で普及している幅広いデジタルテレビ向け放送・IPTV規格を包括的にサポートします。デジタルテレビやセットトップボックス(STB)、ブルーレイプレーヤーなどへの搭載に最適なブラウザです。

「NetFront® Browser NX」は、WebKitベースのブラウザの特長であるHTML5といった次世代のWeb標準技術との優れた互換性を確保しつつ、課題である省メモリ性の改善を追及して設計されたブラウザです。独自技術により、メモリ使用効率を大幅に向上させ、メモリ不足が及ぼす影響を最小限に抑えることで、少ないメモリ環境下でも安定した動作を実現します。また、プラットフォーム非依存の移植用APIにより実装を容易にし、製品の市場投入を加速化します。さらに独自開発のアプリケーション用APIにより、自由かつ柔軟なUIカスタマイズを可能としています。

最新版「NetFront Browser NX v2.0 DTV Profile」では、次世代のWeb標準技術の仕様であるHTML5やCSS3※4の機能強化に加えて、家電のUI向け記述言語であるCE-HTMLをサポートしています。また、欧州の放送と通信のハイブリッド規格HbbTV、英国向けBBC iPlayer v3、国内のVOD規格(デジタルテレビ情報化研究会仕様)など多彩なデジタルテレビ向け放送・IPTV規格への対応機能をオプションで拡張することが可能です。同ブラウザを採用することにより、デジタルテレビ/STBメーカーやOEM※5メーカー、サービスプロバイダなどは、リッチなウェブサイトの閲覧や多彩なインターネットサービスを実現する高付加価値のテレビ関連機器やサービスを、開発に掛かる負荷を低減しつつ、市場に速やかに投入することが可能になります。

ACCESSは、本ブラウザを通じて、世界中のメーカー、サービスプロバイダなどがWebKitをはじめとするオープンソース技術を便利に活用できる環境を提供してまいります。
「NetFront Browser NX v2.0 DTV Profile」の主な特長は以下の通りです。

●独自技術によりメモリ使用効率化と安定性を確保
-世界最小クラスのメモリ容量での動作を実現
-省メモリ環境においてメモリ不足発生時、システムへの影響を最小限に留めて復帰させることにより、安定性を確保

●移植性の向上
-独自開発のプラットフォーム 非依存の移植用ライブラリにより、移植性を向上

●様々な機器に最適なUIを実現するUIカスタマイズ性
-独自開発のAPIにより、それぞれの機器に最適なUIを実現
-UIのカスタマイズを技術支援

●HTML5対応
-オーディオ/ビデオタグ、Canvas 2D、Web Workers、Web Storage、WebSocket ※6(新機能)、WebGL ※7(新機能)

●CSS3対応:CSS 3D変換、Transitions、Animations

●CE-HTML対応 (新機能)

●放送・IPTV規格 (新機能)
-HbbTV、BBC iPlayer、国内VOD規格(デジタルテレビ情報化研究会仕様)

●有害サイトフィルタリング機能 (新機能)

●対応機器:デジタルテレビ、STB、ブルーレイプレーヤー、車載機器など

※WebSocketおよびWebGLでは、閲覧するウェブコンテンツを限定できる環境下にて、安定した動作を実現できるように対応しています。

なお、本ブラウザは、2012年1月10日(火)より13日(金)まで米国ラスベガスにて開催される「CES 2012」にてデモ展示を予定しています。詳細は、http://gl.access-company.com/news/events/ces_2012/(英語)をご覧ください。

※1 欧州域内において、ネットワーク対応TVやSTB上で映像などの配信を円滑に行うための放送規格です。
※2 英国放送協会(本社:ロンドン、The British Broadcasting Corporation, BBC)の提供する動画配信サービスです。
※3 情報家電(Consumer Electronics, CE )のユーザインターフェースページを作成するための言語です。
※4 Cascading Style Sheets(CSS、カスケーディング・スタイル・シート、カスケード・スタイル・シート)とは、HTML や XML の要素をどのように修飾(表示)するかを指示する、W3Cによる仕様の一つ。
※5 Original Equipment Manufacturer(略称OEM)は、委託元のブランドで製品を製造するメーカーのことです。
※6 WebSocketは、コンピュータ・ネットワーク向けの通信規格の1つです。
※7 WebGLは、ウェブブラウザで3次元コンピュータグラフィックスを表示させるための標準規格です。

■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、国内外の通信、家電、放送、エネルギーインフラ業界向けに、先進のモバイルソフトウェアおよびネットワークソフト技術を核にしたITソリューションを提供するグローバル企業です。全世界で累計10億台の搭載実績を誇る組み込み向けソフトウェア「NetFront®」シリーズやネットワークソフトウェアソリューション「ZebOS®」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジにより、通信事業者、メーカー、サービス事業者などの製品・サービス開発やインフラ構築を速やかに実現します。現在、スマートフォン向けアプリシリーズ「NetFront® Life」やクラウド技術をベースにした電子出版プラットフォーム「ACCESS Digital Publishing Ecosystem」をはじめ、スマートフォンなどのマルチデバイス上で高付加価値サービスを実現するソリューションの開発・提供を加速しています。2001年より東証マザーズにて株式を公開(4813)し、アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。ACCESSに関する詳細はhttp://jp.access-company.com/をご覧ください。

 

 

 

●本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら


※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、及びその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※ZebOSは、日本国、米国、及びその他の国におけるIP Infusion Inc.の登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。