株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下ACCESS)と株式会社ピクセラ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤岡 浩、以下 ピクセラ)は、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山田 隆持)の2011-2012冬春モデルのAndroid ハイスペックスマートフォン「docomo NEXT series Optimus LTE L-01D」(LG Electronics Japan株式会社製、以下 LGE)に、ワンセグソリューションを共同で開発し、提供しました。

この度、ACCESSとピクセラは、ACCESSのプラットフォーム非依存のBMLブラウザ「NetFront® Browser DTV Profile One-seg Edition」に、ピクセラのAndroid 2.3対応ワンセグアプリケーション「StationMobile®」を組み合わせ、優れた視聴機能を実現するソリューションを提供しました。

ACCESSの「NetFront® Browser DTV Profile One-seg Edition」は、多様な携帯端末上で優れたワンセグ視聴機能を提供するBMLブラウザであり、国内のBMLブラウザのデファクトスタンダードとして、圧倒的な搭載実績を誇ります。現在、Android搭載のスマートフォンや、タブレット、携帯型TVなどへの搭載も拡大しています。一方、ピクセラの「StationMobile®」はワンセグ放送開始時からパソコン向けワンセグチューナーに数多くの市場実績があり、現在は主にスマートフォン向けに提供しています。こうした両社の技術力および実績が評価され、このたびLGE製のAndroidスマートフォンでは初となる採用となりました。


■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、国内外の通信、家電、放送、エネルギーインフラ業界向けに、モバイルソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供するグローバル企業です。全世界で累計10億台の搭載実績を誇る、組み込み向けソフトウェア「NetFront®」シリーズをはじめ、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジにより、通信事業者、メーカー顧客などの次世代端末の開発やインフラ構築を速やかに実現します。「NetFront」で培った技術をベースに、スマートフォン・タブレット向けアプリシリーズ「NetFront® Life」シリーズを開発し、エンドユーザー向けに提供しています。また、2008年より展開している電子書籍ビジネスをさらに拡大し、2011年4月には、クロスメディア対応の電子出版プラットフォーム「ACCESS Digital Publishing Ecosystem」を市場投入し、事業社の電子出版ビジネスを包括的に支援しています。2001年より東証マザーズにて株式を公開(4813)し、現在、アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。

■株式会社ピクセラについて
ピクセラは、画像処理技術をベースにハード、ソフトウェアをワンストップソリューションとして、パソコン、家電業界向けに製品を提供してきた国内メーカーです。特にデジタル放送受信機分野では数多くの市場実績を誇り、パソコン向けでは「StationTV®」シリーズ、家電向けでは「PRODIA®」シリーズを展開しています。また、地上デジタルチューナーではデジタル放送の普及に大きな貢献をしたことが評価され、平成22年度「電波の日」総務大臣表彰を受賞しています。

 

●本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ACCESS株式会社ピクセラ
【報道機関からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら
【報道機関からのお問い合わせ】
TEL:06-6633-3511
【投資家・株主からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら
【投資家・株主からのお問い合わせ】
TEL:06-6633-3500


※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※StationTV、StationMobile、PRODIAは日本国における株式会社ピクセラの登録商標です。
※Android は Google Inc. の商標または登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。