-企業顧客向けに、Android搭載スマートフォンやタブレットなどを利用した、
より安全な電子取引/情報配信/社内システムの構築を支援-


株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鎌田 富久、以下ACCESS)と日本ベリサイン株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古市 克典、以下ベリサイン)は、AndroidOS上で動作する企業向けSSLクライアント認証対応ブラウザ「NetFront® Life Browser Enterprise Profile」、並びに本ブラウザにSSLクライアント認証用電子証明書を容易にインストールできる連携機能の開発を完了いたしました。両社は、本ブラウザと連携機能を、パッケージソリューションとして、11月中に企業顧客に向けて提供開始する予定です。

本ソリューションにおいてACCESSは、 企業向けにSSLクライアント認証などのセキュリティ機能を強化したブラウザ「NetFront® Life Browser Enterprise Profile」を開発いたしました。ベリサインは当該ブラウザに対して、「ベリサイン マネージドPKI」サービスのオプション製品である、スマートデバイス向け電子証明書発行ソリューション「ベリサイン マネージドPKI for Device(以下、MPKI for Device)」から、容易に電子証明書のインストールを実現するAndroid向け電子証明書取得アプリ(以下、アプリ)および本アプリに連携するサーバ機能を開発いたしました。両社が提供する、これらのソリューションにより、企業はAndroid搭載のスマートフォンやタブレットなどを利用した、より安全な電子取引/情報配信/社内システムの構築が可能となります。

例えば、企業内での利用においては、社員の利用するAndroid 端末に「NetFront Life Browser Enterprise Profile」と Android向け電子証明書取得アプリをインストールすることで、SSLクライアント認証による強固な認証が可能になります。また企業間取引においても、企業とパートナー企業間のAndroidプラットフォームに本ブラウザとアプリを導入することで、簡便な操作のみでAndroid上で強固なSSLクライアント認証を実現することができます。


「NetFront Life Browser Enterprise Profile」の特長は以下の通りです。
• 「MPKI for Device」からインポートされた電子証明書をセキュアな環境で保存する仕組みを採用
• 電子証明書とクライアント認証サイトを事前にユーザ側で連携可能にすることで、サイト接続時の認証処理をノンストップで行うことが可能
• 電子証明書の管理において、電子証明書のサイト連携、詳細表示、削除処理などを容易に操作可能にするUIを採用

「MPKI for Device」のAndroid向け電子証明書取得アプリの特長は以下の通りです。
• 電子証明書取得アプリを使用することにより、ユーザの操作を可能な限り簡便なものにし、電子証明書の申請、取得がスムーズに行うことが可能
• 電子証明書を取得するだけではなく、「NetFront Life Browser Enterprise Profile」の証明書格納ストアへ直接インポート可能

なお、本ソリューションは、10月26日(水)から28日(金)まで幕張メッセにて開催される「第1回スマートフォン&モバイルEXPO秋」(主催:リードエグジビションジャパン株式会社)のべリサインのブース(11-22)にてデモ展示を行います。
 

インストール後のアイコン

インストール後のアイコン

 

電子証明書(クライアント)の表示例
電子証明書(クライアント)の表示例 


画面は開発中のものであり、サービス提供時のものと異なる場合があります。


■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、国内外の通信、家電、放送、エネルギーインフラ業界向けに、モバイルソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供する、グローバル企業です。全世界で累計10億台の搭載実績を誇る、組み込み向けソフトウェア「NetFront®」シリーズをはじめ、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジにより、通信事業者、メーカー顧客などの次世代端末の開発やインフラ構築を速やかに実現します。「NetFront」で培った技術をベースに、スマートフォン・タブレット向けアプリシリーズ「NetFront® Life」シリーズを開発し、エンドユーザー向けに提供しています。また、2008年より展開している電子書籍ビジネスをさらに拡大し、2011年4月には、クロスメディア対応の電子出版プラットフォーム「ACCESS Digital Publishing Ecosystem」を市場投入し、事業社の電子出版ビジネスを包括的に支援しています。2001年より東証マザーズにて株式を公開(4813)し、現在、アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。ACCESSに関する詳細はhttp://jp.access-company.com/をご覧ください。NetFront Lifeに関する詳細は、http://jp.netfrontlife.comをご覧ください。

■日本ベリサイン株式会社について
日本ベリサイン株式会社(東証マザーズ証券コード:3722)は、1996年、VeriSign, Inc.(NASDAQ:VRSN)の最初の海外法人として設立され、2010年8月、米国シマンテック・コーポレーションの子会社となりました。当社は、複雑化するネットワーク環境において、利用者がインフラの存在を意識することなく、安心してビジネスやコミュニケーションを行うことができる社会の実現を目指して、ウェブサイトの実在性を証明するSSLサーバ証明書発行サービス、認証局構築のアウトソーシングサービス、ドメイン名登録サービス、セキュリティに関する様々なコンサルティング、そしてセキュリティトレーニングなど、情報セキュリティ全般にわたるサービスを提供しています。
詳細は https://www.verisign.co.jp をご参照ください。

●本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら


※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFrontは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※Android は Google Inc. の商標または登録商標です。
※ベリサイン(VeriSign)、ベリサイン・トラスト(VeriSign Trust)、およびその他の関連するマークは米国VeriSign, Inc.またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
※シマンテック(Symantec)およびチェックマークロゴ(the Checkmark Logo)は米国シマンテック・コーポレーション(Symantec Corporation) またはその関連会社の米国またはその他の国における登録商標、または、商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。