-電子出版プラットフォーム事業を海外へ拡充-

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鎌田 富久、以下ACCESS)は、同社の推進する電子出版プラットフォーム事業の拡充を図り、グローバル市場に向けて展開していきます。その一環として、ACCESSの発行する「東京カレンダー®」(5月・6月合併号)電子版無料サンプルアプリを、台湾最大の通信事業者、中華電信股份有限公司(本社:台湾、会長:呂学錦、以下、中華電信)の提供するAndroid向け専用サービス「Hami Apps」の公式アプリとして提供開始しました。電子版「東京カレンダー」(日本語)は「Hami Apps」を通じて、今年8月末まで、台湾市場向けに無料で配信されます。

ACCESSは、2008年より、電子出版プラットフォーム事業として、自社で開発した先進のソフトウェア技術を用い、ユーザにとって利便性の高い魅力的な電子書籍サービスの拡充に注力しています。同事業は、携帯端末向け電子書籍閲覧用ソフトウェアやコンテンツ制作ツールの開発・提供から、小説・コミック・雑誌といった出版物の電子化サービス、電子書籍販売サイト「Booker’s®」の運営など、電子書籍ビジネスへの参入を図る通信事業者や端末メーカ、出版社をトータルでサポートしています。またACCESSは、アジア、欧州、米国に海外拠点を擁し、これまで世界の主要な通信事業者や携帯端末メーカに先進の携帯端末・情報家電向けソフトウェアを提供してきました。今回の海外市場への取り組みは、ACCESSの技術力、国内における電子出版プラットフォーム事業の経験、そして、これまで培ってきた海外の主要通信事業者などとのパートナーシップにより実現したものです。

「東京カレンダー」は、東京エリアのレストランガイドを中心に、映画、本、デジタル、ファッションまでハイエンドなカルチャー情報を提供するライフスタイル誌です。電子版「東京カレンダー」は、今年6月より、日本国内のiPhone・iPad、Android、i-mode®ユーザ向けに有料配信が開始されています。海外市場においては、電子版無料サンプルアプリは既に、iPhone・iPad端末向けに配信されていますが、特定オペレータのAndroid 専用サービスでの配信は今回が初めてとなります。今回の台湾での無料配信サービス開始を契機に、他の市場へも電子出版プラットフォーム事業の拡充に取り組んでいきます。

5月& 6月合併号表紙
5月& 6月合併号表紙
Androidでの表示イメージ図

■「東京カレンダー」について  http://www.tokyo-calendar.tv/
発行サイクル:月刊。毎月21日(電子版は紙版発行日の翌月1日となります)  発行部数:7万部
定価:780 円 (税込) (電子版の価格は各サイトの販売方法により異なります)  
販売:書店、コンビニ等(電子版の販売は国内のau one Market*、App Store、i-modeとなります)
*KDDIのAndroid向けアプリマーケット


■「Booker’s」について

ACCESSは電子出版プラットフォーム事業の一環として、2008年より国内の出版社および東京都書店商業組合と協力して、出版物の電子化を推進し、携帯電話向け電子書籍・コミック販売サイト「Booker’s」を、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社向けのサービスとして提供しています。「Booker’s」の参加出版社約310社、提供コンテンツ数は、書籍約23,000タイトル、コミック15,500タイトルにのぼります。また今年6月からは、iPhone・iPad、Android、i-mode向けに電子雑誌の有料販売サービスも開始しています。当初ラインアップは、「東京カレンダー」を含む10誌となります(プラットフォームにより異なります)。

■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、国内外の通信、家電、放送、エネルギーインフラ業界向けに、モバイルソフトウェア技術をベースとした先進のITソリューションを提供する、グローバル企業です。携帯端末・情報家電向けブラウザ「NetFront® Browser」や、携帯端末向けプラットフォーム「ACCESS Linux Platform」、通信インフラ機器向けプラットフォーム「ZebOS®」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジにより、通信事業者、メーカー顧客などの次世代端末の開発やインフラ構築を速やかに実現します。また2008年より出版プラットフォームビジネスを展開し、携帯端末向け電子出版物販売サイト「Booker’s」の運営や出版物の電子化サービスなど、アプリケーション上で動作する魅力的なサービスの拡充に注力しています。2001年には東証マザーズに株式を公開(4813)し、現在、アメリカ、アジア、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。

●本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら


※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFront、ACCESS Linux Platformは、日本国、米国、およびその他の国における
株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※ZebOSは、IP Infusion Inc.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※Booker’sは、株式会社ACCESSおよび東京都書店商業組合の日本国における登録商標です。
※The registered trademark LINUX® is used pursuant to a sublicense from Linux Mark Institute, the exclusive licensee of Linus Torvalds, owner of the mark on a world-wide basis.
※iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※Android は Google Inc. の商標または登録商標です。
※i-modeはNTTドコモの登録商標です。
※au one MarketはKDDI株式会社の登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。