株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鎌田 富久、以下ACCESS)の米国子会社IP Infusion Inc.(本社:米国カリフォルニア州、最高経営責任者:楢崎 浩一、以下IP Infusion)は、通信機器向けソフトウェアプラットフォームの最新版「ZebOS® 7.8」を発表しました。「ZebOS 7.8」には、新たにGMPLS(Generalized Multiprotocol Label Switching)機能や、Data Center Bridging機能、耐障害性を向上させるワイヤレスバックホール(携帯端末の基幹伝送網)向けのMPLS(Multiprotocol Label Switching)機能が搭載されています。またキャリアイーサネットを展開する際に要求されるMetro Ethernet Forum(MEF)の仕様もサポートしています。「ZebOS 7.8」の提供開始は、2010年4月を予定しています。

GMPLS機能
現在、業界ではより良い次世代光伝送技術を模索しています。次世代光伝送技術には、インターフェースに依存しない、かつネットワークの運用が簡素化された、エンドツーエンドのIP/MPLSネットワークが求められています。光ネットワーク上などで信号を転送するための技術であるGMPLSにより、通信機器メーカーが必要とするシームレスなコントロールプレーン機能の搭載や、ネットワーク管理を低コストで実現することができます。「ZebOS 7.8」には、同GMPLS機能が搭載されており、今後発表される「ZebOS」シリーズでもGMPLS機能に対応予定です。

IP Infusion 最高経営責任者 楢崎 浩一は、
「今日の携帯端末の急激な普及により、ネットワークトラフィックの帯域要求は毎年倍増しており、従来のSONET(Synchronous Optical NETwork)ベースのネットワークでは対応することが難しくなっています。IP Infusionは、新たに機能強化された『ZebOS 7.8』により、拡大するNGN(Next Generation Network)市場において、世界の通信機器メーカー各社様がより迅速に製品の市場投入が出来るよう、支援してまいります」と述べています。

Data Center Bridging機能

多くのデータセンターでは多様な技術を導入しているため、余剰設備や、非効率な管理、またこれらに起因して設備投資や運用コストの超過といった課題を抱えています。そこで現在、データセンターにおける、電力消費、設備スペース、運用管理、コストの最適化が進められています。Data Center Bridgingはイーサネットベースの技術でデータセンターにあるスイッチファブリックを統合する機能です。「ZebOS 7.8」は、イーサネットベースのData Center Bridgingにより、データセンター内のスイッチファブリックのトラフィックの最適化、コストおよび消費電力の削減、設備スペースの節約に貢献します。

MPLS機能の耐障害性の向上
「ZebOS 7.8」では、VCCV(Virtual Circuit Connectivity Verification)、MPLS LSPs (Label Switched Paths)およびVCCV向けBFD(Bi-Directional Forwarding Detection)をサポートし、ワイヤレスバックホール向けにMPLS機能の 耐障害性を向上させています 。

Metro Ethernet Forum仕様をサポート
「ZebOS 7.8」では、「ZebOS 7.7」の技術に加え、以下の技術も付加しています。
・MEF仕様の各技術(MEF-2,9,11,16,13,17,19,20) 
・BGPマルチパスルーティング
・ポリシーベースルーティング

IP Infusionの「ZebOS」は、サービスプロバイダ、エンタープライズネットワーク、データセンター向けに、標準仕様に基づいた堅牢なソリューションを提供します。「ZebOS」はモジュール化されており、ソフトウェア開発および移植作業を容易に行うことができます。また通信事業者のサービス提供や、通信機器メーカーの製品の開発工程全般に亘り支援する「ネットワークソリューションサービス」と「ZebOS」を組み合わせることにより、市場のニーズに合致した包括的なソリューションを、通信事業者や通信機器メーカーに向けて提供します。

IP Infusionは、2月9日(火)~12日(金)にフランス・パリにて開催されるMPLS & Ethernet World Congress 2010(ブースNo.116)、及び2月15日(月)~18日(木)にスペイン・バルセロナにて開催されるGSMA Mobile World Congress 2010のACCESSブース(ブースNo. CY10)にて、最新技術の展示を行います。


■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、携帯端末および情報家電向け組込み型インターネットソフトウェアの分野で市場をリードしています。「NetFront® Browser」をはじめ「ACCESS Linux Platform」「Garnet OS」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジを提供し、次世代端末の速やかな市場投入を可能にしています。2001年2月26日に東証マザーズに株式を公開(4813)、アメリカ、アジア、ヨーロッパの各地域に子会社を運営し国際展開にも注力しています。

■IP Infusion Inc.について
IP Infusionは、通信事業者および通信事業者向けネットワーク機器メーカーを対象に、先進のソフトウェア開発プラットフォームを提供しています。独自のモジュール型アーキテクチャと、業界で最も広範なサービス・プロトコルのスイートを持つIP Infusionは、世界有数の通信事業者および通信事業者向けネットワーク機器メーカーの製品の差別化と迅速な製品の市場投入を支援しています。IP Infusionは、1999年に米国デラウェア州で設立され、カリフォルニア州サニーベールを本拠地としています。IP InfusionはACCESS Systems Americas, Inc.の100%子会社です

●本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら


※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFront、ACCESS Linux Platform、Garnetは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※IP InfusionおよびZebOSは、IP Infusion Inc.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※The registered trademark LINUX® is used pursuant to a sublicense from Linux Mark Institute, the exclusive licensee of Linus Torvalds, owner of the mark on a world-wide basis.
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。