-PBB-TEに対応し、キャリアイーサネットソリューションを強化した最新版-

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鎌田 富久、以下ACCESS)の米国子会社IP Infusion Inc.(本社:米国カリフォルニア州、最高経営責任者:楢崎 浩一、以下IP Infusion)は、通信機器向けソフトウェアプラットフォームの最新版「ZebOS® 7.7」の出荷を開始しました。「ZebOS 7.7」は、大規模ネットワーク環境におけるキャリアイーサネットを構築する際に不可欠な要素となるPBB-TE(Provider Backbone Bridge-Traffic Engineering)方式の各種機能を搭載しています。

MPLS(Multi-Protocol Label Switching)およびキャリアイーサネットに準拠した「ZebOS 7.7」を採用することにより、次世代ネットワーク(NGN)向けルータやスイッチを開発する通信機器メーカは、ソフトウェアの統合などに掛かる開発コス トを削減し、製品の市場投入期間を短縮し、自社製品の競合優位性強化に専心することが可能となります。

IP Infusion 最高経営責任者 楢崎 浩一は、
「Web 2.0、IPTV、次世代スマートフォンなど新たなサービスの普及により、安定したブロードバンドインターネットへの需要は、ますます高まっています。通 信事業者は、ネットワークの拡張および高度化と同時に、運用コストを低減するためにネットワークの運用効率の向上を追及しています。ZebOS 7.7は、通信事業者の安定した次世代ネットワーク環境を実現するためのソリューションです」と述べています。

「ZebOS 7.7」の主な機能は以下のとおりです:

  • PBB-TE方式の各種機能を実装
  • 業界先進の高可用性ミドルウェアであるOpenSAF(Open Service Availability Framework)に対応
  • 商用の通信機器を使用し、通信事業者のネットワーク間をつなぐBGP(Border Gateway Protocol)対応ルートサーバの実装を強力にサポート
  • BFD(Bidirectional Forwarding Detection)プロトコルに対応し、IPルーティング およびMPLSシグナリングの耐障害性を強化
  • IPおよびMPLS向けNSF(Non-Stop Forwarding)機能を実装
  • 複数のパケット交換ネットワークを束ねるスードワイヤ(Pseudowire)技術に対応し、MPLSを実現

IP Infusionは、ソフトウェア製品群の開発・供給のほか、顧客の製品開発やソフトウェア実装をサポートするプロフェッショナルサービスにも注力し、顧 客の製品開発から市場投入までを包括的にサポートしています。IP Infusionは、これからも広く日本と世界の通信市場の発展に貢献してまいります。


■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、携帯端末および情報家電向け組み込み型インターネットソフトウェアの分野で市場をリードしています。「NetFront® Browser」を始め「ACCESS Linux Platform」「Garnet OS」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジを提供し、次世代端末の速やかな市場投入を実現可能としています。2001年2月26日に東証マザーズに株式を公開(4813)、アメリカ、アジア、ヨーロッパの各地域に子会社を運営し国際展開にも注力しています。

●本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
メールによる問い合わせはこちら


※ACCESS、ACCESSロゴ、NetFront、ACCESS Linux Platform、Garnetは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※IP InfusionおよびZebOSは、IP Infusion Inc.の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※The registered trademark LINUX® is used pursuant to a sublicense from Linux Mark Institute, the exclusive licensee of Linus Torvalds, owner of the mark on a world-wide basis.
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。