株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川 亨、以下ACCESS)は、携帯端末向けソフトウェアプラットフォーム「ACCESS Linux Platform」が株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村 維夫、以下ドコモ)のLinux®ベース共通ソフトウェアプラットフォームに採用され、ドコモの独自サービスを実現する統合アプリケーションパッケージであるオペレータパックをドコモと共同で開発します。

「ACCESS Linux Platform」はオープンで柔軟性・拡張性に優れたグローバル展開が可能な共通プラットフォームで、アプリケーションの開発に必要な開発キット(SDK)の提供などLinuxならではの開発環境により、高いカスタマイズ性を実現しています。携帯端末用Linux OSの普及促進団体である「LiMo Foundation(リモ・ファンデーション、以下LiMo)」仕様に準拠していくなど、移動体通信事業者の多彩なサービスの効率的な実現や、端末メーカのグローバルな製品展開を支援しています。

ACCESSは2007年12月に、ドコモ、日本電気株式会社、パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社、エスティーモ株式会社と、Linuxベースの共通プラットフォームおよびドコモ向けオペレータパックの開発検討に合意しており、このたび2009年後半から順次発売予定のFOMA®端末向けに、ドコモとオペレータパックの開発を正式に開始しました。「ACCESS Linux Platform」と統合して提供することにより、高機能化が進むFOMA端末の開発効率の向上および迅速な製品化が実現します。

ドコモ 執行役員 プロダクト&サービス本部 プロダクト部長 永田 清人氏は、
「ACCESSがLiMo仕様に準拠したグローバルな共通プラットフォームを開発することは、ドコモにとっても有意義なことです。ドコモが推進するドコモオペレータパックもLiMoプラットフォームに準拠しており、今後ドコモのビジネスだけでなくACCESSや携帯端末メーカのグローバル展開およびエコシステム構築の機会となるよう期待しています」と述べています。

ACCESS 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 荒川 亨は、下記のように述べています。
「フランスのOrangeに採用されている『ACCESS Linux Platform』が、ドコモのLinux共通プラットフォームとして採用されたことで、グローバル仕様のプラットフォームと、ドコモ向けオペレータパックを統合し、より効率的なソフトウェアの提供が可能となります。ACCESSはこれからも複雑化するソフトウェアの品質・開発効率の向上と速やかな製品化に貢献し、グローバル規模でLinuxベース次世代携帯端末の普及・拡大を推進していきます」

■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、携帯端末および情報家電向け組込み型インターネットソフトウェアの分野で市場をリードしています。「NetFront® Browser」を始め「Garnet OS」「ACCESS Linux Platform」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジを提供し、次世代端末の速やかな市場投入を実現可能としています。2001年2月26日に東証マザーズに株式を公開(4813)、アメリカ、アジア、ヨーロッパに全24の子会社を運営し国際展開にも注力しています。

●本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
TEL:03-5259-3685
メールによる問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
TEL:03-5259-3564
メールによる問い合わせはこちら
※ACCESS、NetFront、Garnet、ACCESS Linux Platformは、日本国、米国およびその他の国における株式会社ACCESSの商標または登録商標です。
※The registered trademark Linux® is used pursuant to a sublicense from LMI, the exclusive licensee of Linus Torvalds, owner of the mark on a world-wide basis.
※「FOMA/フォーマ」は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの登録商標です。
※「LiMo」および「LiMo Foundation」は、米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。