株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川 亨、以下ACCESS)と、フランステレコムの携帯電話事業ブランドであるOrangeは、グローバルな競争力を有するLinux®ベースの携帯端末向けソフトウェアプラットフォームの構築推進を目的として、2007年1月に設立された独立非営利団体「LiMo Foundation(リモ・ファンデーション)」に加盟しました。

ACCESSとOrangeは、携帯電話や統合デバイス市場でのLinux導入促進に向けて協業しており、2006年8月にはACCESSの「ACCESS Linux Platform」がOrangeの認定プラットフォームに指定されています。ACCESSとOrangeは、「LiMo Foundation」への加盟により、Linuxベースの携帯端末向けプラットフォーム構築を一段と進め、透明性・革新性・拡張性というLinuxの開発利点を活かしたエコシステムの確立、既存業界団体との連携やプラットフォームの標準化に向けた活動などに取り組み、携帯端末の開発効率向上および迅速な製品化を実現していきます。

「LiMo Foundation」は、携帯端末メーカ、通信事業者、半導体やソフトウェアメーカなど、携帯電話市場のあらゆる企業・団体の加盟が可能で、ACCESSは、「LiMo Foundation」のコアメンバとして加盟し、ボードメンバに加わります。Orangeは「LiMo Foundation」設立当初からのファウンダーメンバ(設立メンバ)であるモトローラ、日本電気、NTTドコモ、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、サムスン、ボーダフォン グループと同様、新たにファウンダーメンバとして加盟します。

ACCESSとOrangeの加盟にあたり、各関係者からのコメントは以下のとおりです。

「LiMo Foundation」議長 兼 NTTドコモ 執行役員 プロダクト&サービス本部
プロダクト部長 永田 清人氏

「ACCESSとOrangeは携帯電話業界において、革新的な企業であり、実績ある技術を備えるとともに、大規模かつ洗練された顧客基盤を有しています。両社の加盟は、『LiMo Foundation』のグローバル市場での取り組みを一段と拡大してくれます。ボードメンバに加わった両社の貢献に大いに期待しています」

ACCESS代表取締役社長 兼 最高経営責任者 荒川 亨
「Linuxベースの共通プラットフォームを構築し、エコシステムを確立するという『LiMo Foundation』の目的は、ACCESSの方向性と一致しています。モバイル分野における技術革新の実績をもとに『ACCESS Linux Platform』を『LiMo Foundation』仕様に対応させるとともに、『LiMo Foundation』仕様のSDK開発を主導していきます。ACCESSは、これからもOrangeや他のメンバとともに、使い勝手の良い高度なアプリケーションの提供、革新的な製品の開発と迅速な市場投入に貢献し、Linuxベースの携帯端末市場において、主要な役割を果たしていきます」

Orange デバイス担当シニアバイスプレジデント Yves Maitre氏
「Orangeは、オープンソース業界において革新的な取り組みをいち早く進展させてきました。我々のビジョンは、豊富なモバイルサービスや多種多様な携帯端末の提供、そして、利用者の利便性を向上させるオープンなモバイルコミュニティを構築することです。携帯電話向けLinux推進団体『LiPS Forum』の設立により、既にこのビジョンの一部は実現しており、このたび『LiMo Foundation』にもファウンダーメンバとして加盟し、携帯向けLinux業界の方向性を統一することで、魅力的なモバイルサービスの提供を加速できるオープン性の向上に寄与していきます」

Informa Telecoms & Media 主席アナリスト Malik Kamal-Saadi氏
「OrangeとACCESSが『LiMo Foundation』に加盟することで、携帯向けLinuxベースの携帯端末プラットフォームをグローバルに提供することを目指した『LiMo Foundation』のオープンかつ透明なアプローチに対する支持が拡大すると考えています。Linuxの携帯端末における適合性、端末間でのアプリケーションの相互運用性、統合性を高めることによるユーザの利便性向上など、業界全体における機運の高まりを示すことになります」

「LiMo Foundation」エクゼクティブディレクター Morgan Gillis氏
「モバイルLinuxコミュニティにおけるOrangeとACCESSのリーダーシップは広く認知されており、両社の加盟は、『LiMo Foundation』の統括・運営する上で非常に意義があります。オープンソースコミュニティの方向性を統一していくことで、OrangeとACCESSは、携帯電話業界全体にとって利点となる、オープンソースのソフトウェアとして『LiMo Foundation』仕様のプラットフォームを実現することに多大な貢献をしてくれるものと期待しています」

* 2008年2月11日にスペインにて発表された報道発表の抄訳です

■LiMo Foundationについて
LiMo Foundationは独立した非営利団体であり、携帯電話業界へのLinux適用拡大を目指すために設立されました。LiMo Foundationは、携帯電話向けLinuxプラットフォームを構築し、これによりサービス・機能の柔軟性が増すこと、オープン、透明性・拡張性のあるエコシステムが確立され、その結果、より魅力的で顧客満足度の高い商品・サービスが提供できるようになることが期待されます。LiMo Foundationの設立目的や加盟情報などの詳細については、本団体の公式サイト(http://www.limofoundation.org/)をご参照ください。

■Orangeについて
Orangeは、世界5大陸に1億6300万の顧客を擁する世界的な電気通信事業者であるフランステレコムの携帯事業、インターネットおよびビジネスとエンターテイメント事業などを展開する代表的ブランドです。携帯事業部門の顧客数は約1億700万人、ブロードバンド(ADSL)インターネット事業には、1,140万人の顧客がいます。(2007年9月末時点)フランステレコムは、欧州において携帯部門で3位、ブロードバンドサービスで1位の地位を確立しています。

■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、携帯端末および情報家電向け組み込み型インターネットソフトウェアの分野で市場をリードしています。「NetFront® Browser」を始め「Garnet OS」「ACCESS Linux Platform」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジを提供し、次世代端末の速やかな市場投入を実現可能としています。2001年2月26日に東証マザーズに株式を公開(4813)、アメリカ、アジア、ヨーロッパに全29の子会社を運営し国際展開にも注力しています。

●本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ACCESS
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町2-8-16
平田ビル

LiMo Foundation (広報代理店 Interprose PR)
Melissa Drozdowski
TEL: +1-336-376-5318
Mobile: +1-336-266-2549
E-Mail: mdrozdowski@interprosepr.com


【報道機関からのお問い合わせ】
広報・宣伝部 花岡
TEL:03-5259-3685
メールによる問い合わせはこちら


Orange Group Press Office
Georgina Hart
TEL: +44-7730-989-693
E-Mail: georgina.hart@orange-ftgroup.com


【投資家・株主からのお問い合わせ】
経営企画室 山内
TEL:03-5259-3564
メールによる問い合わせはこちら
Orange (広報代理店 Edelman)
Tom Jennings
TEL: +44-20-7344-1512
Mobile: +44-7740-038925
E-Mail: tom.Jennings@edelman.com



※ACCESS、NetFront、Garnet、ACCESS Linux Platformは、日本国、米国およびその他の国における株式会社ACCESSの商標または登録商標です。
※The registered trademark Linux® is used pursuant to a sublicense from LMI, the exclusive licensee of Linus Torvalds, owner of the mark on a world-wide basis.
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。