株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川 亨、以下ACCESS)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 会長:小野寺 正、以下KDDI)のau携帯電話08春ラインナップ全11機種に「NetFront® Messaging Client」を提供し、さらに「NetFront® Browser DTV Profile Wireless Edition」「NetFront® Sync Client」「NetFront® SMIL Player」をauの各種サービスに対応した端末全てに提供しました。

「NetFront Messaging Client」は、「ラッピングメール」や「デコレーションメール」などの多様なメールサービスを実現するメールソフトウェアで、春ラインナップの全11機種に提供しており、「W61SA」(三洋製)「W61T」(東芝製)「W61S」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)の3機種では、auの「マルチプレイウィンドウ」対応によりメールを閲覧しながらワンセグを視聴するなど、2つの機能を同時表示することが可能となり、利便性の高いメールサービスを実現しています。

「NetFront Browser DTV Profile Wireless Edition」は、データ放送を表示して番組情報や関連サイトへのリンクを可能とするデジタル放送向けブラウザで、春ラインナップのワンセグ対応端末全8機種に搭載され、うち2機種ではデジタルラジオ放送にも対応しています。本製品は、auのワンセグおよびデジタルラジオ対応端末全てに採用されており、携帯電話のデジタル放送サービス普及に貢献しています。

「NetFront Sync Client」は、データ授受および同期を実現するソフトウェアで、パソコン連動型ポータルサイト「au one」の個人専用ページ「au one My Page」対応の全WIN端末に提供しています。「au one My Page」では、アドレス帳やスケジュール、画像など携帯電話のデータをパソコンでも閲覧・編集することが可能となり、パソコンと連携した利便性の高いサービスを実現しています。auの「アドレス帳預けて安心サービス」向けにも本ソフトウェアを提供しており、携帯電話のアドレス帳データをKDDIのサーバへ保存するサービスの提供を支援しています。なお、「NetFront® Sync Server」が、両サービスのサーバ向けデータ授受・同期ソフトウェアとして採用されています。

ACCESSは、他にもマルチメディアコンテンツ再生ソフトウェア「NetFront SMIL Player」をauの番組配信サービス「EZチャンネル・EZチャンネルプラス」対応の全端末に提供するなど、多様化する市場の要求に応える各種製品を提供することで、今後も通信事業者の多彩なサービスの実現や普及を支援していきます。

■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、携帯端末および情報家電向け組み込み型インターネットソフトウェアの分野で市場をリードしています。「NetFront® Browser」を始め「Garnet OS」「ACCESS Linux Platform」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジを提供し、次世代端末の速やかな市場投入を実現可能としています。2001年2月26日に東証マザーズに株式を公開(4813)、アメリカ、アジア、ヨーロッパに全29の子会社を運営し国際展開にも注力しています。

●本リリースに関するお問い合わせ
【報道機関からのお問い合わせ】
広報・宣伝部 榎本
TEL:03-5259-3685
メールによる問い合わせはこちら

【投資家・株主からのお問い合わせ】
経営企画室 山内
TEL:03-5259-3564
メールによる問い合わせはこちら
※ACCESS、NetFront、Garnet、ACCESS Linux Platformは、日本国、米国およびその他の国における株式会社ACCESSの商標または登録商標です。
※The registered trademark Linux® is used pursuant to a sublicense from LMI, the exclusive licensee of Linus Torvalds, owner of the mark on a world-wide basis.
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。