株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川 亨、以下ACCESS)と、プラネックスコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田 克昭、以下プラネックス)は、プラネックスがACCESSのDLNA(Digital Living Network Alliance)対応機器向けミドルウェア「NetFront® Living Connect」を搭載した情報家電向けネットワーク機器を開発・販売することに合意し、本日包括ライセンス契約を締結しました。

ACCESSの「NetFront Living Connect」は、次世代向けの最新仕様であるDLNA version 1.5(以下、DLNA1.5)に対応したミドルウェア製品であり、携帯端末および情報家電において豊富な搭載実績を誇る「NetFront Browser」とのスムーズな連携が可能です。プラネックスは、ブロードバンドルータ、NASシステムなどのネットワーク関連機器を販売しており、今回の協業により、DLNA1.5に準拠した情報家電向けネットワーク機器の迅速な市場投入が可能となります。

このたび開発に着手する新製品は、「NetFront Living Connect」を搭載した初のDLNA1.5およびDTCP-IP(Digital Transmission Content Protection over Internet Protocol)対応商用機となる予定です。本契約に基づき、プラネックスは、「ホームサーバ機能搭載LAN型ハードディスクシステム」をはじめとする既存製品を含め、DLNA1.5対応製品を順次開発・販売していく予定です。

なお、ACCESSは、プラネックスの情報家電向けネットワーク製品である「NASシステム」に「NetFront Living Connect」を組み込み、デジタルテレビと連携するデモンストレーションを、5月16日(水)から18日(金)まで東京で開催される「第10回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」ACCESSブースにて展示する予定です。

■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、情報家電向け組み込み型インターネットソフトの分野で市場をリードしています。「NetFront Browser」を始め「GarnetOS」「ACCESS Linux Platform」など、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジを提供し、次世代端末の速やかな市場投入を実現可能としています。2001年2月26日に東証マザーズに株式を公開(4813)、アメリカ、アジア、ヨーロッパに全27の子会社を運営し国際展開にも注力しています。

■プラネックスコミュニケーションズ株式会社 について
1995年7月設立のプラネックスコミュニケーションズは2001年にJASDAQ市場へ上場しました。ネットワーク関連機器を中心とした製品構成で、製品企画、開発、販売などを行っています。ルータ製品、無線LAN機器、法人、学校、政府、その他公的機関向けVoIP関連機器およびL2/L3/PoEスイッチ等、主に消費者のニーズを基本とした製品を扱っています。また携帯電話向けソフトウェアを主力製品とするトリスター株式会社、株式会社アメリカメガトレンドジャパン、インプローブネットワークスを傘下に収めネットワーク製品に限定しない携帯電話などの新たな市場への機器・サービスの開発、販売を行っています。

●本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ACCESS プラネックスコミュニケーションズ株式会社
【報道機関からのお問い合わせ】
広報・宣伝部 村瀬(むらせ)
TEL:03-5259-3685
メールによる問い合わせはこちら

【報道機関からのお問い合わせ】
企画部 矢嶋(やじま)
TEL:03-5766-1056
http://www.planex.co.jp/user/writer.shtml

【投資家・株主からのお問い合わせ】
経営企画部 山内(やまうち)
TEL:03-5259-3564
メールによる問い合わせはこちら
【投資家・株主からのお問い合わせ】
経営企画室 小松(こまつ)
TEL:03-5766-1333



※ACCESS、NetFrontは、日本国およびその他の国における株式会社ACCESSの商標または登録商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。