株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川 亨、以下ACCESS)は、第6回目の開催となるプライベートイベント「ACCESS DAY」を10月12日に開催します。

今回の「ACCESS DAY」では「Think link.」と題し、KDDI株式会社 代表取締役社長 兼 会長 小野寺 正氏のキーノートスピーチをはじめ、各界のリーダをお迎えしてのエグゼクティブセッションを実施いたします。さらに展示会場では、ACCESSとパートナー企業による最新テクノロジーのご紹介を行います。  

ACCESSの代表取締役社長 兼 最高経営責任者、荒川 亨は、「本年もACCESS DAYを開催することができ、大変嬉しく思います。今後も先進のテクノロジーを展開し、次世代ネットワーク社会を実現していきます」と述べています。


【「ACCESS DAY 2006」開催概要】

開催日: 10月12日(木)
会場: ウェスティンホテル東京
開催時間: [コンファレンス] 13:00~18:00(受付開始12:30)
[展示会] 12:30~16:30

【コンファレンス概要】

1. キーノートスピーチ(13:10~13:55)
KDDI株式会社 代表取締役社長 兼 会長 小野寺 正 氏
2. ACCESSセッション(14:10~14:55)
株式会社ACCESS 取締役副社長 兼 最高技術責任者 鎌田 富久
3. ゲストスピーチ(15:00~15:45)
慶應義塾大学 SFC研究所 所長 総合政策学部 教授 國領 二郎 氏
4. エグゼクティブセッション(16:10~18:00)
[モデレータ]
情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)顧問 池田 茂 氏
[パネリスト]
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社/エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社 代表取締役社長 和才 博美 氏
ソニー株式会社 最高顧問 出井 伸之 氏
一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 研究科長 竹内 弘高 氏
株式会社ACCESS 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 荒川 亨

【展示会概要と主な出展内容】

「NetFront® Browser」、「ACCESS Linux Platform」などACCESS製品の最新バージョンをご紹介するとともに、10月3日より販売を開始した「NetFront LocationFree Player for Pocket PC」、DLNAの新製品などホームネットワークに関連したデモンストレーションを行います。その他、サーバ関連ソリューション、コンテンツアプリケーション等をご紹介するなど、ACCESSの最新のテクノロジーをご覧いただくことが可能です。
なお、約30社のパートナー企業が出展し、ACCESS製品と連携した展示やデモンストレーションを実施する予定です。

「NetFront Mobile Client Suite」最新バージョン
次世代携帯端末向けソフトウェアセットの最新バージョン「NetFront Mobile Client Suite v3.4」では、新しいウィンドウシステムを搭載いたします。このたびの展示では、本機能に加えて、携帯端末におけるPCサイトのより快適な利用を実現する先進のフルブラウザ機能として、Ajax(AsynchronousJavaScript + XML)への対応や、任意のWebサイトを視覚的に管理するブックマー ク・サムネイル機能、限られた画面サイズの携帯端末上で切り取り・縮小表示をする機能「PagePilot®」をご紹介します。なお、本製品の販売開始は来年の3月頃を予定しています。

「NetFront Browser」最新バージョン
当社ブラウザソリューションの主力製品である「NetFront Browser」の最新バージョン「NetFront Browser v3.4」および来年以降に発売予定の次期バージョンを見据えた最新機能を、実機によるデモンストレーションを交えながらご紹介します。このたびの展示では、携帯電話に搭載されたカメラで読み込んだ画像の動きに応じ、コンテンツのズームやスクロールが可能となる「Smart Swing Navi」機能、ワンタッチでコンテンツ上にツールバーを表示し、素早い機能操作を可能とする「Smart Slider Menu」をご紹介します。

ロボットとDLNA対応機器の連携
ACCESSは、DLNA対応機器向けミドルウェア製品「NetFront Living Connect」を提供するなど、快適なホームネットワーク実現に向けた有力な仕様としてDLNA向けのテクノロジー拡充に注力していますが、今後のユビキタス社会に向けた新たな取り組みとして、ロボットとDLNA対応機器の連携を見据え、研究開発しています。このたびの展示では、スピーシーズ社が提供する、無線LAN経由でインターネット上のコンテンツをダウンロードできる人型ロボット「MI・RAI-RT」(ミライ・アールティー)と「NetFront Living Connect」を搭載した機器を使ってコンテンツ交換を行うデモンストレーションを実施します。相互に接続することにより、ロボットがDLNA機器からのコンテンツを表現するだけではなく、DLNA機器がロボット向けコンテンツを表現することを想定しており、コンテンツ向けプラットフォームビジネスへの新たな展開を目指しています。
(ご協力:スピーシーズ株式会社 MI・RAI-RT http://robotamia.net

IP Infusion社によるスイッチ/ルータ向けソフトウェア
完全子会社であるIP Infusion社(以下、IP Infusion)の「ZebOS®(ゼボス) Advanced Routing Suite」は、 レイヤ2、レイヤ3、MPLSおよびマルチキャスト機能を備えたスイッチ/ルータ向けソフトウェアセットです。モジュール設計され、柔軟性の高い構造のため、ネットワーク機器メーカの開発期間・コストを短縮することが可能です。このたびの展示では、「ZebOS」のIPv6に対応したマルチキャスト機能のデモンストレーションと、最新の搭載製品をご紹介いたします。
IP Infusion は、次世代ネットワーク(NGN)機器向けのIPソフトウェア・プラットフォームをネットワーク機器メーカなど多方面にライセンス提供していきます。

※詳細は、下記の専用ページにてご参照いただけます。
  http://www.at-conference.jp/ACCESSDAY2006/


ACCESSについて
ACCESSは、情報家電向け組み込み型インターネットソフトの分野で市場をリードしています。「NetFront Browser」を始め、Palm OS、ACCESS Linux Platformなど、柔軟かつ拡張性が高いテクノロジーを提供し、次世代端末の速やかな市場投入を実現可能としています。2001年2月26日には東証マザーズに株式を公開(4813)、米国のPalmSource,Inc.をはじめ、アジアと欧米に全29の子会社を運営し国際展開にも注力しています。
http://www.access.co.jp



*ACCESS、NetFrontは、日本国およびその他の国における株式会社ACCESSの商標または登録商標です。
*その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。