Press Release


2005.06.28

ACCESS社がインフィニオン社と
世界市場に向けた次世代携帯端末開発で協業

ACCESS社の携帯端末向けソフトウェア
スイート「NetFront® Mobile Client Suite」と
インフィニオン社の代表的な2.5G/3G開発プラットフォームが連携



株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川 亨、以下ACCESS)は、このたび世界第4位の半導体メーカであるインフィニオンテクノロジーズ(本社:ドイツ ミュンヘン、CEO:Dr. Wolfgang Ziebart、以下インフィニオン社)と世界規模で次世代携帯端末の開発を積極的に促進するために協業したことを発表いたします。

今回の協業では、ACCESS社がインフィニオン社製の「S-Gold」シリーズを使用した携帯電話プラットフォーム向けに「NetFront Mobile Client Suite」を提供し、両社で共同展開させることができます。このソリューションを用いることで、世界中の携帯端末メーカは、第2.5世代および第3世代携帯端末の開発効率を高めることが可能。さらに、このソリューションにはインフィニオン社製の「APOXI®」(Application Programming Object-Oriented Extendable Interface) フレームワークが使用されています。なお、本ソリューションは6月29日より7月1日まで、東京ビッグサイトで開催される「第8回組込みシステム開発技術展(ESEC)」のACCESS社ブースにてデモンストレーションが行われます。

インフィニオン社製のGSM/GPRS/EDGE/UMTS対応ベースバンド&アプリケーションICである「S-Gold」シリーズを基盤とした携帯電話向けプラットフォームを利用することにより、Javaゲーム、位置情報およびナビゲーション、MP3ハイファイ音楽、着信メロディなどの機能を備えたエンタテインメント指向の一般消費者向け製品から、ビデオストリーミング、電子メール、タッチスクリーンや各種接続機能を搭載したビジネスフォンまで、ハイレベルに最適化された機種を開発することが可能になります。また、「APOXI」は、マン・マシン・インターフェイス(MMI)および携帯情報端末向けのアプリケーションの開発と統合を迅速に行うことができるフレームワークで携帯端末や組込み機器向けに特化して開発されたAPI(Application Programmer Interfaces)です。

「NetFront Mobile Client Suite」は高機能を統合したソフトウェアスイートで、モジュラー構造による柔軟で拡張性の高いモバイルインターネットブラウザおよび通信機能を備えているため、より高度な携帯電話機能を効率的かつコストを抑えて開発することを可能にします。「NetFront Mobile Client Suite」は世界中で採用されているブラウザソフトの「NetFront」をはじめ、カスタマイズ可能なユーザインターフェイス、MMS Client、PIM Client、Sync Client、SMIL Player、Java Platform等を提供可能。「NetFront Mobile Client Suite」はインフィニオン社製の携帯電話プラットフォームを構成する「S-Gold」シリーズと「APOXI」フレームワークと連携し、第2.5世代や第3世代端末の開発期間短縮および開発コスト削減を実現できる包括的でシームレスなソリューションを提供いたします。 

インフィニオンテクノロジーズジャパン社のコミュニケーション事業本部・事業本部長であるアクセル・ビアルケ氏は「我々は充実したプラットフォームのポートフォリオをもっており、携帯端末メーカは最新のトレンドを取り入れつつ開発期間を短縮させることができます。我々は、携帯電話端末の複雑な製造過程に卓越した知識と経験を持つACCESS社のような優れたアプリケーションプロバイダと協業できることを嬉しく思います」と述べています。

株式会社ACCESSのCEO兼 代表取締役社長 荒川 亨は「インフィニオン社と提携し、次世代端末メーカに向けて、包括的で堅固な技術を提供できることをとても嬉しく思います。S-GoldシリーズとAPOXIの連携、さらにNetFront Mobile Client Suiteが加わることにより、端末メーカは高性能な携帯端末を世界に向けて迅速に展開できるでしょう」と述べています。

■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、情報家電向け組み込み型インターネットソフトの分野で市場をリードする研究開発型企業で、カリフォルニア州ニューアークに米国支店、ドイツ・オーバーハウゼンにヨーロッパ子会社、ACCESS Systems Europe GmbH、また中国・北京に中国子会社、ACCESS (Beijing) Co.,Ltd.を有し、韓国や台湾にも連絡事務所を運営するなど国際展開にも注力しています。同社の情報家電向けブラウザソフト「NetFront」ファミリーは、PDA、テレビ、セットトップボックス、ゲーム機、カーナビ、ウェブ電話、専用端末、NTTドコモのiモードに対応した携帯電話など、全世界の90以上のメーカーから発売されている情報家電端末の515機種、1億6490万台以上に搭載(2005年1月末現在)されており、最新版では、CSS(カスケーディング・スタイルシート)、DHTML(ダイナミックHTML)をはじめとする、W3C(ワールドワイドWEBコンソーシアム)最新推奨仕様やWAP2.0に準拠するなど、ハードウェア資源の限られたNon-PC端末において、パソコンと同等のインターネット閲覧環境を実現しています。尚、ACCESSは2001年2月26日に東証マザーズに株式公開しております。

インフィニオンについての情報は次のURLをご参照ください:
  本社サイト:http://www.infineon.com
  日本サイト:http://www.infineon.jp




*NetFrontは、日本国およびその他の国における株式会社ACCESSの商標または登録商標です。
*Javaおよび全てのJava関連の商標およびロゴは、米国およびその他の国における米国Sun Microsystems, Inc.の商標または登録商標です。
*その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です