Press Release


2005.04.07

ACCESSのNetFront iモード® Global Profile
三菱電機のiモードグローバル端末に採用





株式会社ACCESS(本社・東京都千代田区、代表取締役社長 荒川 亨、以下ACCESS)は、同社のNetFront® iモード グローバルプロファイルが三菱電機のiモードグローバル端末、M430i 搭載に採用されたことをお知らせします。同機種はBouygues Telecom、COSMOTE、E-Plus、Far East Tone、KPN、Telefonica Moviles、WIND といった大手iモードオペレータに採用されており、今後他のオペレータにも採用される予定です。

NetFront iモードグローバルプロファイルは、iモードグローバルサービスに特化した包括的ソリューションで、オペレータ、端末パートナーにコストと時間を削減してiモードグローバルを搭載することを可能にします。NetFront iモードグローバルプロファイルを構成する技術は、株式会社NTTドコモと共に、全てACCESS によって開発され、現在世界中の何百万台もの機器に搭載されています。

NetFront iモードグローバルプロファイルはACCESS のモバイルインターネットブラウザであるNetFront v3 をベースにしており、ACCESS のNetFront Mobile Client Suite に含まれています。

M430i は、現在iモードグローバルサービスに対応しているものの中で最も革新的な端末で、ACCESS のNetFront iモードグローバルプロファイルが加わることで、エンドユーザーに豊富で快適なモバイルインターネット利用を提供します。また、QVGA スクリーン、1 メガピクセルデジタルカメラ/ビデオ、外部メモリ、DoJa Java (Java 2.5)や3D グラフィックスのサポートなど革新的な機能を提供します。

ACCESS 代表取締役社長 兼 CEO 荒川 亨は「ACCESS はiモードグローバルサービスの開始当初からベンダー各社のキーパートナーです。私たちのNetFront iモードグローバルプロファイル、そしてこれまでの経験を、三菱のM430i 端末に提供できることを大変嬉しく思います。新しいiモードグローバル端末の技術や、求められるアプリケーションは急速に変化していますが、これからもACCESSは最高の技術と経験を提供して行きます。」と述べています。

■株式会社 ACCESSについて
ACCESSは、情報家電向け組み込み型インターネットソフトの分野で市場をリードする研究開発型企業で、カリフォルニア州ニューアークに米国支店、ドイツ・オーバーハウゼンにヨーロッパ子会社、ACCESS Systems Europe GmbH、また中国・北京に中国子会社、ACCESS (Beijing) Co.,Ltd.を有し、韓国や台湾にも連絡事務所を運営するなど国際展開にも注力しています。同社の情報家電向けブラウザソフト「NetFront」ファミリーは、PDA、テレビ、セットトップボックス、ゲーム機、カーナビ、ウェブ電話、専用端末、NTTドコモのiモードに対応した携帯電話など、全世界の90以上のメーカーから発売されている情報家電端末の515機種、1億6490万台以上に搭載(2005年1月末現在)されており、最新版では、CSS(カスケーディング・スタイルシート)、DHTML(ダイナミックHTML)をはじめとする、W3C(ワールドワイドWEBコンソーシアム)最新推奨仕様やWAP2.0に準拠するなど、ハードウェア資源の限られたNon-PC端末において、パソコンと同等のインターネット閲覧環境を実現しています。尚、ACCESSは2001年2月26日に東証マザーズに株式公開しております。



*NetFrontは、株式会社ACCESSの日本国における登録商標です。
*「iモード」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
*その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。