Press Release


2005.03.10

ACCESSのNetFrontがキヤノンの高速複合機4モデルに




株式会社ACCESS (本社・東京都千代田区、代表取締役社長・荒川 亨)は、このたび同社の情報機器向けブラウザ「NetFront」が、キヤノン株式会社(本社・東京都大田区、代表取締役社長 御手洗 冨士夫)が開発した、高速複合機"キヤノンimageRUNNER iR6570/iR5570シリーズ"4モデルにオプション搭載された事を発表いたします。

NetFrontが搭載された事により、大型操作パネルでインターネット・イントラネット上の情報を直接呼び出して閲覧できるようになったため、外出先でパソコンなしでも必要な情報を取り出して印刷できるなど、情報端末としても幅広く利用する事が可能になりました。

今回の搭載は、ACCESSの代理店である株式会社 イーストンエレクトロニクス(ACCESS Advanced Alliance Authorized Distributor)からキャノンの複合機へライセンスを販売した形となります。また、同社はNetFront搭載に関して、その移植からUI開発までを担当いたしました。

情報機器向けブラウザとして高度な機能を持つNetFrontは、この度のような高速複合機を始め、携帯電話、PDA、テレビ、セットトップボックス、ゲーム機、カーナビ、専用端末などに幅広く搭載されている、全世界でもっとも広く利用されているブラウザの1つです。

すべてのインターネットコンテンツに対応するNetFrontは、モバイル端末に対して多彩かつパワフルで使いやすい理想的なブラウザソリューションを提供します。NetFrontは全世界的に数多くの搭載実績をもち、グローバルな開発体制により、顧客の開発効率を上げ市場へのタイムリーな製品投入を可能にします。

■"キヤノンimageRUNNER iR6570/iR5570"シリーズ について
省エネルギーと生産性を高い次元で両立したオフィス用モノクロ複合機です。新製品はいずれも、熱変換効率に優れたIH(Induction Heating:電磁誘導加熱)定着方式を採用することで、クラス最高※1 となるエネルギー消費効率(iR5570は55Wh/h、iR6570は110Wh/h)と、電源投入から30秒というスピーディーな立ち上がりを達成しました。環境配慮型の高速ネットワーク複合機です。データを高速で処理する高性能画像処理チップ「新iRコントローラ」や、感度と耐久性に優れたアモルファスシリコン感光ドラムの搭載に加えて、最大4,000枚の排紙積載が可能なフィニッシャーをはじめ多様なオプションを用意するなど、高い生産性と信頼性を実現しています。また、独自の機能拡張プラットフォーム「MEAP※2(ミープ)」を搭載しているため、他の情報機器との親和性が高く、柔軟なシステム連携を図ることができます。さらに、ウェブブラウザ機能に対応しており、大型操作パネルでインターネット・イントラネット上の情報を直接呼び出して閲覧できるため、外出先でパソコンなしでも必要な情報を取り出して印刷できるなど、情報端末としても幅広く利用できます。

※1 省エネ法の複写機速度区分に準拠。"iR5570"は毎分51~60枚機、"iR6570"は毎分61~70枚機の区分において。(2005年1月25日時点)
※2 Multifunctional Embedded Application Platformの略です。また、MEAPアプリケーションソフトなどは別売です。

■株式会社 ACCESSについて
ACCESSは、情報家電向け組み込み型インターネットソフトの分野で市場をリードする研究開発型企業で、カリフォルニア州ニューアークに米国支店、ドイツ・オーバーハウゼンにヨーロッパ子会社、ACCESS Systems Europe GmbH、また中国・北京に中国子会社、ACCESS (Beijing) Co.,Ltd.を有し、韓国や台湾にも連絡事務所を運営するなど国際展開にも注力しています。同社の情報家電向けブラウザソフト「NetFront」ファミリーは、PDA、テレビ、セットトップボックス、ゲーム機、カーナビ、ウェブ電話、専用端末、NTTドコモによる携帯インターネットサービス iモードに対応した携帯電話など、全世界の90以上のメーカーから発売されている情報家電端末の342機種、1億5085万台以上に搭載(2004年10月末現在)されており、最新版では、CSS(カスケーディング・スタイルシート)、DHTML(ダイナミックHTML)をはじめとする、W3C(ワールドワイドWEBコンソーシアム)最新推奨仕様やWAP2.0に準拠するなど、ハードウェア資源の限られたNon-PC端末において、パソコンと同等のインターネット閲覧環境を実現しています。尚、ACCESSは2001年2月26日に東証マザーズに株式公開しております。

■株式会社イーストンエレクトロニクスについて
イーストンエレクトロニクスは、(株)ルネサステクノロジの製品を主に取扱い、(株)日立製作所の電子部品第1号の最大手特約店として、昭和29年の創立以来半導体の歴史と共に歩んでまいりました。世界を代表する半導体メーカー、(株)ルネサステクノロジ製半導体を核にSMSC、Faradayといった海外製半導体を取扱い、半導体の専門商社として、製品の企画・開発から提供までお客様のニーズにフレキシブルに対応できるようサポート体制を構築しています。更に自社の技術ノウハウの蓄積に努め、半導体デバイス設計支援およびソフト開発支援など、メーカーとユーザーとの共生を目指しシステムインテグレーションを提供しています。
又、2000年9月よりACCESS社の代理店(ACCESS Advanced Alliance Authorized Distributor)として「NetFront」を中心にルネサス製SuperHTM RISCマイコンとのシステムインテグレーションを積極的に展開しています。



*NetFrontは、株式会社ACCESSの日本国における登録商標です。
*「iモード」はNTTドコモの登録商標です。
*SuperHは、(株)ルネサステクノロジの商標です。
*その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。