Press Release


2004.10.04

ACCESSとシーエー・モバイル、コンテンツ配信事業で提携
~スペイン版iモード向けに着信メロディサービスを提供~




株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川亨、以下 ACCESS)と株式会社シーエー・モバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:外川穣、以下CAM)は、このたびグローバルコンテンツ配信事業で提携し、スペイン版iモード向けに着信メロディ配信サービスの提供を開始いたしましたのでお知らせいたします。

このたびの提携は、日本国内で既に携帯電話向けに着信メロディ配信サービスを展開している、CAMと、国内外で携帯電話市場の活性化に努めるACCESSとの提携であり、今後両社は欧州を中心に着信メロディを始めとする携帯電話向けサービスを展開してまいります。

まず本提携の第一段階として、10月1日よりスペインの携帯電話通信事業者Telefonica Móviles España(以下Telefonica)が展開しているスペイン版iモードサービスに向け、ACCESSの欧州子会社ACCESS Systems Europe GmbHが運営するTelefonica公式サイト「Starmelodias」にて、着信メロディ配信サービスを開始いたします。
オリジナルメドレーやRemixバージョンを豊富に取り揃えているほか、ラストサムライを始めとする洋画のサウンドトラックや、ドラえもんのうたなどスペインで人気の日本アニメのテーマソングを配信いたします。初回アップ曲として約100曲を用意、毎週4~5曲ずつ追加更新していきます。

今後両社は、今回の提携を手始めに広く欧州全域に渡りサービスを拡大してまいります。

■株式会社 ACCESSについて
ACCESSは、情報家電向け組み込み型インターネットソフトの分野で市場をリードする研究開発型企業で、ドイツ・オーバーハウゼンにヨーロッパ子会社、ACCESS Systems Europe GmbH、中国・北京に中国子会社、ACCESS (Beijing) Co.,Ltd. またカリフォルニア州フリーモントに米支社、ACCESS CO., LTD. U.S. Branch、を有し、韓国や台湾にも現地連絡事務所を運営するなど国際展開にも注力しています。同社の情報家電向けブラウザソフト「NetFront®」ファミリーは、PDA、テレビ、セットトップボックス、ゲーム機、カーナビ、ウェブ電話、専用端末、NTTドコモによる携帯インターネットサービス iモードに対応した携帯電話など、全世界の90以上のメーカーから発売されている情報家電端末の293機種、1億3900万台以上に搭載(2004年7月末現在)されており、最新版では、CSS(カスケーディング・スタイルシート)、DHTML(ダイナミックHTML)をはじめとする、W3C(ワールドワイドWEBコンソーシアム)最新推奨仕様やWAP2.0に準拠するなど、ハードウェア資源の限られたNon-PC端末において、パソコンと同等のインターネット閲覧環境を実現しています。尚、ACCESSは2001年2月26日に東証マザーズに株式公開しております。

■株式会社シーエー・モバイルについて
シーエー・モバイルは、携帯電話向けコンテンツの企画開発運営に特化し、モバイルポータルサイト、ニュースサイト、高音質着信メロディサイト、グリーティングカードサイト、各種懸賞サイト、モバイルコマースサイト、モバイルオークションサイト、ユーザー参加型携帯動画サイトなど、iモード・Ezweb・Vodafone live!の3キャリアに対して、公式37サイト、一般76サイトを運営し、その会員数は約360万ユーザーに達しています。平成16年9月末現在、取扱いモバイルメディアのユーザーを合わせて980万ユーザーに向けた広告プロモーションを行うメディア事業者としてモバイルマーケティング業界ではトップシェアを占めております。また、中国北京に携帯電話コンテンツ提供子会社、CA MOBILE CHINA, LTD.を有し、本年4月より中国においてもモバイルコンテンツサイトの運営を開始しました。今後、日本での成功モデルを海外へも積極的に展開してまいります。


*NetFrontは、株式会社ACCESSの日本国における登録商標です。
*「iモード」はNTTドコモの登録商標です。*「EZweb」はKDDI株式会社の登録商標です。
*「Vodafone live!」はボーダフォン株式会社の登録商標または商標です。
*その他、文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。