Press Release


2004.09.22

ACCESS、NTTドコモのiモードサービスが海外で
需要拡大していることを背景に同社の製品群を
「i-Mode® Global Profile」として体系化





株式会社ACCESS(本社・東京都千代田区、代表取締役社長・荒川 亨)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社・東京都千代田区、代表取締役社長・中村 維夫、以下NTTドコモ)のiモード®サービスのうち、海外の通信キャリアで展開されている製品群を「i-Mode Global Profile」として体系化、プロモーションしていく事をお知らせいたします。本プロファイルはACCESSのNetFront®Mobile Client Suiteのひとつとして構成される新しいプロファイルです。

ACCESSは2002年3月に開始されたNTTドコモと提携している海外事業者のiモードサービスに対して、すべての国のすべての提携キャリアにおける、ほとんどの対応端末にブラウザを始めとする同社の製品を提供してまいりました。
現在までに、ACCESS製品の搭載された海外のiモード対応端末が、約350万台出荷されています。そしてこの度、拡大する需要を背景に、これまで提供してきた製品群を「i-Mode Global Profile」として体系化、広くプロモーションしてまいります。

■「i-Mode Global Profile」に含まれる製品
ブラウザ: NetFront
Java実行環境: JV-Lite®2 Wireless Edition
SSL暗号ソフト: AVE®-SSL
TCP/IPプロトコルスタック: AVE-TCP
ファイルシステム: AVE-File
メッセージングソフト: NetFront MMS Client

=オプションソフトウェア
コンテンツビューア: NetFront Mobile Content Viewer


■ACCESS製品搭載端末のご紹介
<欧州>
端末: N223i、N331i、N341i、N400i、m341i、m342i、TS222i、P341i、S341i、TSM30
キャリア: KPN(オランダ) e-PLUS(ドイツ)、BASE(ベルギー)、Bouygues(フランス)、Telefonica(スペイン)、WIND(イタリア)、COSMOTE(ギリシャ)

<台湾>
端末: N630i
キャリア: FET


■株式会社 ACCESSについて
ACCESSは、情報家電向け組み込み型インターネットソフトの分野で市場をリードする研究開発型企業で、カリフォルニア州フリーモントに米子会社、ACCESS Systems America, Inc、ドイツ・オーバーハウゼンにヨーロッパ子会社、ACCESS Systems Europe GmbH、また中国・北京に中国子会社、ACCESS (Beijing) Co.,Ltd.を有し、韓国や台湾、スペインにも現地連絡事務所を運営するなど国際展開にも注力しています。同社の情報家電向けブラウザソフト「NetFront」ファミリーは、PDA、テレビ、セットトップボックス、ゲーム機、カーナビ、ウェブ電話、専用端末、NTTドコモによる携帯インターネットサービス iモードに対応した携帯電話など、全世界の90以上のメーカーから発売されている情報家電端末の293機種、1億3900万台以上に搭載(2004年7月末現在)されており、最新版では、CSS(カスケーディング・スタイルシート)、DHTML(ダイナミックHTML)をはじめとする、W3C(ワールドワイドWEBコンソーシアム)最新推奨仕様やWAP2.0に準拠するなど、ハードウェア資源の限られたNon-PC端末において、パソコンと同等のインターネット閲覧環境を実現しています。
尚、ACCESSは2001年2月26日に東証マザーズに株式公開しております。


*NetFrontは、株式会社ACCESSの日本国における登録商標です。
*iモードは株式会社エヌ・ティ・ティ ドコモの登録商標です。
*その他、文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。