Press Release


2003.09.22

ACCESS、中国TCL製携帯電話にブラウザと
マルチメディア・メッセージング・ソフトを提供



株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川 亨、以下ACCESS)は、中国携帯電話市場で中国メーカーとしては第2位(全マーケットシェアでは第3位)の端末メーカーであるTCL Mobile Communication Co., Ltd.社製チャイナ・ユニコム向けCDMA 1Xネットワーク対応携帯電話シリーズに、同社ブラウザ「NetFront® v3.0」とマルチメディア・メッセージング・ソフトを提供したことを発表致します。

 今回の協業による最初の製品である「TCL1888+」は、ACCESSのBREWプラットフォーム向けマルチメディア・メッセージング・ソフトを搭載し、中国の無線通信事業者、チャイナ・ユニコムのマルチメディアメールサービス「U-Mail」の仕様に準拠しています。本携帯電話は今年度第4四半期中に発売予定です。

 シリーズ第二弾「TCL1699」、はカメラ付きハイエンドCDMA端末で、ACCESS製ブラウザ「NetFront v3.0」とマルチメディア・メッセージング・ソフトの両方を搭載、WAP 2.0に準拠していることでよりリッチなインターネットコンテンツにアクセスすることが可能です。本携帯電話は2004年度第1四半期に発売予定です。

 TCL Mobile Communication Co., Ltd.のCDMA R&D部門の責任者であるDai Jin氏は、「ACCESS社のワイヤレスデータサービス技術は業界でも屈指です。ACCESS社の経験と実績で証明された技術と当社の端末との融合は、当社のコア・コンピタンスをより一層充実させ、携帯電話市場においての当社のマーケットシェアの向上に貢献することと確信しています。」と述べています。

 株式会社ACCESS 代表取締役社長 兼CEO、荒川 亨は、「私どもの経験から、ブラウザやメッセージングアプリケーションはデータ通信が可能な携帯端末にとってもっとも重要な機能であると認識しています。今回の協業で、私どもの携帯電話分野でのノウハウにより、TCL製携帯電話がより使いやすく、より機能的になることと自負しています。」と述べています。

■TCL Mobile Communication Co., Ltd.について
TCL Mobile Communication Co., Ltd.はTCL communication industrialグループの一社で、中国でもっとも有力な電子機器メーカーの一社であるTCL Holdings Co., Ltd.に属しています。中国国内の携帯電話市場において中国企業としては第2位のマーケットシェア(海外企業を含む全マーケットシェアでは第3位)を有する同社は、モバイル機器の研究開発や製造・販売に注力しており、国家開発計画委員会(The State Development Planning Commission)や情報産業省(Ministry of Information Industry – MII)の支援を受けています。

■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、情報家電向け組み込み型インターネットソフトの分野で市場をリードする研究開発型企業で、カリフォルニア州フリーモントに米子会社、ACCESS Systems America, Inc、ドイツ・オーバーハウゼンにヨーロッパ子会社、ACCESS Systems Europe GmbH、また中国・北京に中国子会社、ACCESS (Beijing) Co.,Ltd.を有し、韓国や台湾、スペインにも現地連絡事務所を運営するなど国際展開にも注力しています。同社の情報家電向けブラウザソフト「NetFrontR」は、テレビ、セットトップボックス、ゲーム機、PDA、ワープロ、カーナビ、ウェブ電話、専用端末などを中心に、国内外の主要メーカー多数に採用されています。また、小型情報機器向けのマイクロブラウザ「Compact NetFrontR」は、NTTドコモのiモード向け端末などを出荷しているメーカー多数に採用されています。現在、90以上の主要メーカーから253機種、約9880万台のNetFront、Compact NetFront搭載製品が出荷されています。(2003年8月末現在)

なお、ACCESSは2001年2月26日に東証マザーズに株式公開しております。



*NetFront及びCompact NetFrontは、株式会社ACCESSの日本国における登録商標です。
*「iモード」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
*その他、文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録です。