Press Release


2003.07.04

ACCESSとメディアキャスト、
地上波デジタルデータ放送用コンテンツ制作市場開拓で提携
~今後の移動体向けデジタル放送用ブラウザ製品開発に対して、
コンテンツ制作分野のニーズを吸収~




  株式会社 ACCESS(本社: 東京都千代田区 代表取締役社長: 荒川 亨 以下ACCESS)と、株式会社メディアキャスト(本社: 東京都渋谷区 代表取締役: 杉本孝浩 以下メディアキャスト)はデジタル放送用コンテンツ制作システムの市場開拓で業務提携したことを発表しました。

  この提携は、モバイル機器やデジタル放送チューナー用の組込ブラウザ市場において多くの実績を持つACCESSの、デジタルデータ放送の制作レベルでの顧客ニーズを活かした更なる組込ブラウザの製品開発推進、およびコンテンツ制作分野への新規事業戦略と、当分野における販売マーケティング活動に豊富な経験と実績を持ち、地上波デジタル向けの業界唯一のBML編集ツールとモノメディア編集ツールを開発し、積極的な事業展開を行っているメディアキャストの事業展開戦略が合致したことにより実現しました。

  今回の提携の第一段としてACCESSは同社が開発したPC上で稼動するデータ放送用BMLコンテンツビューア「NetFront®v3.0 BML Viewer (ネットフロント バージョンサンテンゼロ  ビーエムエル ビューアー)」に関して、メディアキャストと販売代理店契約を締結しました。今後メディアキャストは、同社が開発したBML編集ツール「Foliage (フォーリッジ)」およびモノメディア編集ツール「SceneCreator DD (シーンクリエーター ディーディー)」と共に各放送局、および番組制作会社へ積極的に販売活動を行っていく予定です。

■株式会社ACCESSについて
ACCESSは、情報家電向け組み込み型インターネットソフトの分野で市場をリードする研究開発型企業です。同社の情報家電向けブラウザソフト「NetFront」ファミリーは、NTTドコモのiモード向け端末をはじめ、テレビ、セットトップボックス、ゲーム機、PDA、ワープロ、カーナビ、ウェブ電話、専用端末など、全世界の80以上のメーカーから発売されている情報家電端末の244機種、約9220万台に搭載されており、(2003年5月末現在)最新版では、CSS(カスケーディング・スタイルシート)、DHTML(ダイナミックHTML)をはじめとする、W3C(ワールドワイドWEBコンソーシアム)最新推奨仕様やWAP2.0に準拠するなど、ハードウェア資源の限られたNon-PC端末において、パソコンと同等のインターネット閲覧環境を実現しています。

■株式会社メディアキャストについて

株式会社メディアキャスト(本社: 東京都渋谷区恵比寿1-5-8、電話: 03-5475-5126、代表取締役: 杉本孝浩、資本金: 1,000万円、http://www.mcast.co.jp/)は、デジタル・データ放送分野に特化した、ソフトウェア開発・販売、受託システム開発を行う独立系システム開発会社として、2003年1月に設立されました。メディアキャストは、グラフィックス、画像処理、BML(Broadcast Markup Language)など、デジタル・データ放送に求められる専門分野で、多くの経験と実績を有しています。2003年末に開始予定の、地上波デジタル・データ放送本格的運用開始に向けて、お客様をはじめパートナーの皆様に、最高水準のサービスを提供しています。



*NetFrontは、株式会社ACCESSの日本国における登録商標です。
contact content develop english list.txt mail nfppc partner recruit rege.bash 「iモード」は株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
*SceneCreator DD、Foliage、は、株式会社メディアキャストの商標です。
*その他の登録商標・商標は、それぞれの所有者にその権利が帰属します。
*記載内容は予告なしに変更される場合があります。