Press Release


2003.03.18

ACCESS、クアルコムとBREW用新ブラウザを提供
~NetFront v3.0、BREW対応電話向けの
インターネット・ブラウジングを提供~




【東京/ニューオーリンズ発】

  株式会社ACCESS (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川 亨、以下ACCESS)は、クアルコム社のBREW(Binary Runtime Environment for Wireless)プラットフォーム向けに開発されたNetFront v3.0ブラウザを発表しました。BREW対応端末にNetFront v3.0ブラウザをワイヤレスでダウンロードして最新のインターネット・コンテンツのブラウジング機能を拡張することが可能になります。ACCESSは、3月17日から19日までニューオーリンズで開催される"CTIAワイヤレス2003"のクアルコム・パートナー・パビリオン(ブース#5331)にてNetFrontブラウザのデモンストレーションを行います。


 WAP 2.0に対応したNetFrontは、W3C(ワールドワイドWEBコンソーシアム)及びOMA(オープン・モバイル・アライアンス)の最新仕様をサポートしています。NetFrontは、PDA、ゲーム機、デジタルカメラ、デジタルテレビ、携帯電話端末など、ファミリ全体で191機種、約8000万台の搭載実績(2002年11月末現在)を誇ります。

  「ACCESSは長年にわたりNetFrontのアップデート及び改良を重ねて最新のモバイル技術をサポートしてきました。ACCESSの最新モバイル・インターネット・ブラウジング機能により、BREWプラットフォームのエキサイティングな新しいアプリケーションと市販モデルを更に拡張することができます。ACCESSは、クアルコム社とパートナーシップにより新たなブラウジング機能を市場に提供できることをうれしく思います。」とACCESSの代表取締役社長、荒川亨は述べています。

 「ACCESSのNetFrontがBREWに移植されることになり非常に喜んでおります。NetFrontは世界各国で使用されている最新のブラウザであり、多種多様のコンシューマー及びビジネス向けアプリケーション用に最も効果的なインターネット・コンテンツのブラウジングをBREWユーザーに提供してくれるでしょう。」クアルコム社マーケティングアンドプロダクトマネージメントのシニアバイスプレジデント、ジナ・ロンバーディは述べています。

  BREWソリューションは、米国のVerizon Wireless社、ALLTEL社、韓国のKTF社、日本のKDDI及び中国のChina Unicom社を始めとする世界各国の通信業者が商用サービスを開始しています。又、スペインの Telefonica Moviles とPortugal Telecomの合弁会社であるBrasilcel社が今月から南米の加入者にBREWソリューションを提供予定であり、U.S. Cellular社もBREWのユーザトライアルを実施中です。すでに世界で40機種以上のBREW対応携帯電話が発売されており、40社以上の端末メーカーがBREWプラットフォームに対する関心を表明しています

  クアルコム社のBREWソリューションはワイヤレスデバイス向けデータ・サービスの開発と配信用の完全な製品でありビジネス用のエコシステムです。BREWソリューションは、アプリケーションの開発と配信、端末の環境設定及び課金と入金処理に必要なツールと付加価値サービスをデベロッパー、端末メーカー及びワイヤレス通信事業者に提供します。

  尚、現段階では、本件が今期の業績に与える影響は未定ですが、見通しが明らかになり次第、発表いたします。

■ NetFront v3.0について
  NetFront v3.0は、PDA、ゲーム機、デジタルカメラ、デジタルテレビ、携帯電話端末など、ファミリ全体で191機種、約8000万台の搭載実績(2002年11月末現在)を誇るNetFrontの最新バージョンで、CSS(カスケーディング・スタイルシート)、DHTML(ダイナミックHTML)をはじめとする、W3C(ワールドワイドWEBコンソーシアム)最新推奨仕様やWAP2.0に準拠するなど、ハードウェア資源の限られたNon-PC端末において、パソコンと同等のインターネット閲覧環境を実現しています。シャープ製PDA「ザウルスSL-A300 / B500/ C700」やソニー製PDA「クリエ PEG-NX70V / NX60 / NZ90」、米Sprint向け三洋製携帯電話「SCP-4900/5300」などにも採用、PocketPC端末向け「NetFront v3.0 for PcketPC」のダウンロード販売も日米のソフトウェア販売サイトにて開始いたしました。また、そのコアテクノロジーをPalm Source, Inc.社のPalm OS 5 ネイティブブラウザ向けに提供しています。

■ 株式会社ACCESSについて
  ACCESSは、情報家電向け組み込み型インターネットソフトの分野で市場をリードする研究開発型企業です。同社の情報家電向けブラウザソフト「NetFront」は、テレビ、セットトップボックス、ゲーム機、PDA、ワープロ、カーナビ、ウェブ電話、専用端末などを中心に、国内外の主要メーカー多数に採用されています。また、小型情報機器向けのマイクロブラウザ「Compact NetFront」は、NTTドコモのiモード向け端末などを出荷しているメーカー多数に採用されています。現在、40以上の主要メーカーから191機種、約8000万台のNetFront、Compact NetFront搭載製品が出荷されています。(2002年11月末現在)
なお、ACCESSは2001年2月26日に東証マザーズに株式公開しております。



*NetFront及びCompact NetFrontは、株式会社ACCESSの日本国における登録商標です。
*クアルコムはQUALCOMM Incorporatedの登録商標です。BREWはQUALCOMM Incorporated の商標です。
*Java及びすべてのJava関連の商標及びロゴは、米国及びその他の国における米国Sun Microsystems,Inc. の商標又は登録商標です。
*「iモード」「iアプリ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
*その他、文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。